人生を変える方法・・・・森羅万象をすべて知る

 突っ込みどころ満載


  お金を得る手段は人をのことを考え続けた人間の下に集まる

 情けは人のためならず=情けは人をだめにする


  高校時代の目標に東京大学に入学するという野望もあったのだが、少し時間がずれていたようだった。



  高校を卒業後して数年後に東京大学の推薦入試が始まったのである。

 

 東京大学に入学していたらどこ見自分の人生が向かったことだろうと時々考えてしまう。

 

 私が、入学した放送大学は、どの部分に長けていたかわからないが、結果的に目的として所に辿り着くことはできたのである。


 僕の目的は、精神科から離れるための材料を見つけることで医学的なことや薬では、病気は治せない医学が進歩しようと不死の体を作ることは不可なのだが、それに変わるものを創りだすことが出来れば不死に近づけるのかもしれない。

 人間の部品を作り出すことが出来るようになりつつあるのだが、視点を変えると人間の部品を作り出す方法は、すでに完成されていたのではないか?と思えなくもない。

 

 自分の分身を造るという行為が出産に他ならないのではないのだろうか?

 何もない宇宙の中に地球が誕生して水や植物や動物が発生し始めてきたのであるが、一番最初の人間の素材となる生物がいたはずなのである。

 地球誕生から現代まで姿を変えずに生き残ってきた生物は、海の奥底にいるのかもしれない。


 


みんなの読んで良かった!