~ずっと自分が嫌いだった。いつも生きにくくて苦しかった~ 【それでも。。。そんな私でも、私らしく、自分に優しく生きれるようになったよ】

1 / 4 ページ

【最初に】あまり愉しい話ではないかもしれないです(笑)



小さい頃から私は、いつも自分の中のどこかで《生きにくさ》を感じていました。


「なにに?」


と問われても当時の私には「?」なレベル(笑)。


それすら解っていない子供なりの《漠然とした生きにくさ》でした。




周りには


笑うことも


泣くことも


ほとんどしない


静かで大人びた


勉強もそこそこ出来て


運動もそこそこ出来て


友達もそれなりに居る


問題を起こすこともほとんどない


言うこともよく聞く


手の掛からない


女の子に映っていたと思います




思春期に差し掛かる頃


ひとつの変化が起きました。


みんなの読んで良かった!