僕の人生で最愛の人との出会いと別れ

1 / 2 ページ

初めまして。今年で36歳になるアラフォー男子です。

36年間人生を生きてくると、出会った人の数はそれなりの人数になります。

その中で、恋愛までに至った人は、何人か。

その中で、最愛の人と呼べる人は、一人。

今回は、その人との話を書いてみようと思います。

---------------------------------------

僕は、鎌倉のある雑貨屋にいました。

そこでは、イラストレーターの人たちの展示が行われていて、

そこに友人が出展しているということで、遊びに来ていたのです。


友人のイラストを一通り眺めたあと、他の方のイラストも見てみようと思い、

そう広くない店内を見ていると、とあるイラストに目が留まりました。

なんか、うまく言えないけど、このイラスト、好きだなぁ

当時、イラスト自体にそこまで興味があったわけではなかったのですが、不思議とその人のイラストは、心にスッと入ってくるような心地よさを感じていました。

このイラスト描いた人とお話ししてみたい!

普段、そこまで人と積極的に話そうとはしないのですが、この時は、なぜか話してみたくなったのです。

しかし、店内を見渡すも、それらしい人は見当たらず。

しょうがない、帰るか、としょんぼりしていると、その人のものと思われる名刺が。
そこには、名前と、ウェブサイトのアドレスが書いてありました。

これって、繋がれるチャンスかも!

早速家に帰り、名刺に書いてあったウェブサイトにアクセス。
すると、展示についての記事が。

少しドキドキしながら、そこへ行ったことと、イラストをとても気に入った事を
コメント欄に書き込み。

すっごいドキドキする・・・

その後、数日間、そのサイトにアクセスしては反応がないかチェック。
反応がなければ、がっくり。
しかし、数日後、返信が!

彼女
いらしてくださったんですね!ありがとうございました!

やった、返信が来た!
これで繋がれた!
と思ったものの、よくよく考えてみると、自分の情報を何も書いていないことに気づく。
これでは、ただのファンで終わってしまうではないか。
とは言ったものの、展示の記事でいきなり自己紹介も変だしなぁ、どうしよう。
そう思いながらサイトを見てみると、「次回展示のお知らせ」という記事が。

見ると、また違う場所で展示をやるということと、在廊予定日が書いてありました。

・・・よし、今度は直接会って話をしよう!

そう決意して、次回展示を待つ僕。

その間に、熟成される気持ち。

多分、僕はこの人のことを好きになってしまうんだろうなぁ。

そんなことを思いながら、待つ。


そして、彼女が在廊する展示の日がやってきました。

とうとう会っちゃうのかぁ・・・!

展示会場へ着く。今度も雑貨屋。ドアを開く。店員に挨拶され、返す。
そして、明らかに店員ともお客とも違う雰囲気の人が、一人。

あの、もしかして○○さんですか?僕、サイトにコメントした○○と言います
彼女
あぁ、あのコメントの!今回も来てくださったんですね!ありがとうございます!

あぁ、なんということだ。


まるっきりタイプだ。


文章にすると、すごく陳腐になってしまうのだけれど、文化的な匂いがして、ナチュラルなファッションがすごく似合ってて、笑顔がすごく自然で、この人はきっと、誰にでも好かれるんだろうなぁ、と思えるぐらい魅力的で。

そして、それは僕とはまるっきり正反対で。

全然おしゃれじゃないし、笑顔は引きつってるし、僕のことを好きでいてくれる人なんていない。
そんなことを、当時は思っていました。

みんなの読んで良かった!