15年間諦めきれずそれでもカナダに来た理由

1 / 7 ページ

私はアラサーでセブ留学を終え、今カナダでワーキングホリデーをしています。

中学生のころから留学をしたいとずっと思っていましたが、

なかなか何もできずこれまで留学経験はありません。

そんな私がやっと一歩踏み出せた話です。


“人を動かす秘訣は、この世に、ただ一つしかない。 

すなわち、みずから動きたくなる気持を起こさせること… これが、秘訣だ。”



ーーーーーーーーーーーーーーーーー

1.異文化への興味(小学生時代)


そもそもなぜ海外に興味を持ったのか?


単純に小さな憧れだったかも知れない

見たことない未知の世界への


元をたどれば小学生時代通った英会話スクールが始まり

小学生の頃、姉と近所の幼なじみと一緒に英会話スクールに通っていました。

遊びながら英語を学ぶスタイルで

特に勉強しているという意識はなく楽しんでいました。


今でも先生の名前は不思議と覚えています。

シェリー、アラン、ロン、ジョンの4人

そして私たちも英語の名前を持っていました。

例えば、私の名前はIrene(アイリーン)でした。


この英会話スクールの先生は私が初めて接した外国人

外国人と日本人、何か違うなあとぼんやり思いました。

日本人よりもっと楽しそうでオープンで自己主張がはっきりしている

ざっくりそんなイメージです。


また、学校のクラスメートにも英語が話せる子や韓国から来た子、

スペインから来たフラメンコが踊れる子がいました。

国際的な背景を持つ彼らは、人と違う個性を持つ目立った存在でした。


一方、私は授業で手を挙げることができない、消極的な生徒でした。

そんな私と正反対の彼らに対して、この頃から異文化に興味を感じ始めていました。



ーーーーーーーーーーーーーーーーー

2.外国への憧れと現実の問題(中学生〜高校生時代)


みんなの読んで良かった!