口下手童貞少年、ナンバーワンホストになる ① 決意編

1 / 19 ページ

この話をするにあたって、

私がどれほどの平凡でダサい人間かを知って頂くために18歳の頃から物語を進めようと思います。

 

私はどこにでもいる普通の少年だった。

高校在学中にチャンスなく

童貞、

彼女なし、

お金なし、

車なし。

父は工業用薬品製造会社のサラリーマン、母は食品加工会社のパート、兄は空港の機内食製造会社のサラリーマン、雑種の犬、アメリカンショートヘアーだと騙されて譲り受けたトラ柄の猫。


四人家族と二匹の家庭である。


家庭の収入は推定だが、おそらく両親合わせ30万円程度であろうと思われる。

一億総中流のスローガンにビタッと当てはまったような家庭だった。

 

私は、高校はかろうじて卒業はしたものの、高校を卒業してストレートにニートになった。

大学受験も、就職活動もしなかった。


本当は、服が好きだったので、

服飾の専門学校に行きたかったのだが…


私「あのさあ、専門学校に進学したいんだけどさあ?(媚びた笑い)」

父「そんな金はない。」


一蹴であった。


それでもしつこく食い下がっていたが、最終的に父から腰の入ったフックを顔に食らい、それ以降、ふてくされて何もしなかったというのが経緯である。

 

周りの友達も様々だった。

もちろん大学に進学する友達もいれば、専門学校に進学する友達、

地元の会社に就職する友達。

そして

もともと高校には進学しておらず就職していた友達や、

すでに高校を中退して就職した友達……


そう、あまり全員パッとはしていなかった。


しかしながらこの時の私は、この世に生を受けてからベイビー時代以来のニートという、とてつもない自由を手にした気がしていた。


もう学校もない、

仕事もない、

バイトもない。(吉幾三風に)

みんなの読んで良かった!