口下手童貞少年、ナンバーワンホストになる ① 決意編

1 / 7 ページ

この話をするにあたって、

私がどれほどの平凡でダサい人間かを知って頂くために18歳の頃から物語を進めようと思います。

 

私はどこにでもいる普通の少年だった。

高校在学中にチャンスなく

童貞、

彼女なし、

お金なし、

車なし。

父は工業用薬品製造会社のサラリーマン、母は食品加工会社のパート、兄は空港の機内食製造会社のサラリーマン、雑種の犬、アメリカンショートヘアーだと騙されて譲り受けたトラ柄の猫。


四人家族と二匹の家庭である。


家庭の収入は推定だが、おそらく両親合わせ30万円程度であろうと思われる。

一億総中流のスローガンにビタッと当てはまったような家庭だった。

 

私は、高校はかろうじて卒業はしたものの、高校を卒業してストレートにニートになった。

大学受験も、就職活動もしなかった。


本当は、服が好きだったので、

服飾の専門学校に行きたかったのだが…


私「あのさあ、専門学校に進学したいんだけどさあ?(媚びた笑い)」

父「そんな金はない。」


一蹴であった。


それでもしつこく食い下がっていたが、最終的に父から腰の入ったフックを顔に食らい、それ以降、ふてくされて何もしなかったというのが経緯である。

 

周りの友達も様々だった。

もちろん大学に進学する友達もいれば、専門学校に進学する友達、

地元の会社に就職する友達。

そして

もともと高校には進学しておらず就職していた友達や、

すでに高校を中退して就職した友達……


そう、あまり全員パッとはしていなかった。


しかしながらこの時の私は、この世に生を受けてからベイビー時代以来のニートという、とてつもない自由を手にした気がしていた。


もう学校もない、

仕事もない、

バイトもない。(吉幾三風に)

 

ニート当初は欲望の赴くままに寝た。

そして昼過ぎに起床。

夕方になったら友達に電話して合流、

という流れが日課だった。


その当時、たまり場になっていたI君宅

(自分の部屋が有り、

親がうるさくなく、なおかつ友達の親に遭遇しなくても侵入できる良質の物件、

I君も専門学生のため暇人だった)

に毎日といっていい程足を運んでいた。

そしてたまり場でしている事といったら、

麻雀して朝、

麻雀して朝、

麻雀して朝……の繰り返し。


中国人もビックリのライフスタイルだった。


そんな無意味な日々が一か月程度続いていた。

そして麻雀中の会話といえば、


「あぁ、ほんと麻雀しかやることねえよなー。」

「ドライブでもいく?」

「行くとこないじゃん。」

「行ってもいいけどガソリン代割り勘だぞ。」

「中国人ってすげえよなー。なんで麻雀って飽きないんだろ?よく考えたよなー。」

「確かにそうだな。」


一億二千パーセントこの後の人生に影響を与えると思えない内容の会話だった。


さすがに一か月このサイクルが続くと、若干刺激を求めだした。

やはり18歳、刺激といえば女である。


「まじ暇だよー。」

「ナンパでもする?」

「お前できもしないくせに何言ってんの?」

「あ~あ~、パツキンの女が裸でいきなり襲ってきてくれないかな~。」


確実にない。

500万歩譲って襲われたとしても、実際には怖くて逃げるであろう。

ちょっぴり田舎の18歳のボーイズには、ナンパはとても重荷だった。


見ず知らずの女性にいきなり声をかける?

何を話すんですか?


とても繊細なガラスの十代には中々できる事ではなかった。


しかし、その中でも頭角を表し始めたものがでてきた。

S君である。


S「この前さぁ、Hと一緒にナンパしたんだよね。」

「本気(マジ)で!?」

S「いや~、今度の土曜日にHのアメ車でドライブ行くんだよねぇ~。」

「かわいいの!!?」

S「まぁな。中の上ってところかな。しかもギャルだよ、ギャル。(小麦色)」

「まじかよ~。行きたい!」

S「いや~、やっぱり今回は一緒にナンパしたHと行くからさー。

もしドライブからさらに仲良くなったらコンパするよ!」

「頼むぜ!」


その約束は政治家のマニフェスト同様、守られる事はなかった・・・・

 

そんな話もあり、

その頃には毎週土曜日には、友達と名古屋の中心街である栄(サカエ)という繁華街を、車でぶらつくという行動に出だした。



確実にS君の話の二匹目のドジョウを狙っていた。

ボーイズなりに何か(女)を求めて行動を起こした。

その結果が

「車で栄をぶらつく」

というガソリン代だけがかさみそうな方法であった。

そして車の窓越しに


「あのギャル超いい脚してるよ~。」

「ホットパンツ(ジーンズの短パン)たまんねぇな~。B‘Zの稲葉みたいだぞ。」

「いや、でもよく見たらあんまりかわいくねぇぞ。」

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。