22歳の女の子が現場監督として働いて見た、建設業の現実と問題 3

1 / 5 ページ

前編: 22歳の女の子が現場監督として働いて見た、建設業の現実と問題 2
後編: 22歳の女の子が現場監督として働いて見た、建設業の現実と問題 4


問題が起きたのは朝礼だった。



工事現場の朝礼は

伝達事項とラジオ体操が定番だ。







正直夏場などは

朝礼の時間が長いと


立ちっぱなしでいるので

立ちくらみを起こしそうだった。



現場初日の私は手続等があった関係で

初めて現場に入る人専用のレーンに並びそこで朝礼を受けていた。



ラジオ体操が終わり

列に戻ろうとした瞬間だった。





朝礼当番
肩もみ始めまーす!
え!?




そして知らない職人さんが

私の肩を掴んできた。




ひぃい!!!!



これは現場によって違うのだが

みんなの読んで良かった!