欧米人とつきあうためのキリスト教の基礎知識(5)

1 / 2 ページ

欧米人とつきあうためのキリスト教の基礎知識(5)

 ニーファイ第一書の後半には、手にした旧約聖書と比較できる記録を何とか残すために苦労している様が描かれているんです。新約聖書のかなりの部分は、ローマ帝国の記録などから本当のことであると確認されているんですけど、モルモン書はこのあと、ニーファイたちがアメリカ大陸に渡るので記録が少なくなり、確認が困難になります。

 だから、

「モルモン書などデタラメだ!」

 と主張する人も出てくるんですね。インカ帝国の時代は謎に包まれているし、その前の時代は文字がなかったそうで、文書による確認が難しい。でも、難しいから存在しなかったとも言えないんです。

 私は、

「仮説は証明されなければ、真実ではない」

 というスタンスなので、狂信的にモルモン書は正しいと主張なんて、しませんよ。

  ニーファイ第二書

 ニーファイ第一書に書いてあることは、大雑把に言うと、神様のお告げがあってエルサレムは崩壊するので荒れ野に脱出して苦労する話。兄たちが叛いて苦労する話。

「バカみたい」

 と思いましたか?私は、バカみたいと思いました。でも、エルサレムが崩壊したのは歴史的な事実だし、荒れ野をさまようのも無意味なのか徐々に疑問を持つようになったんです。

 皆さんは、自分の人生を振り返るとまったく無意味な暗い時代があったんではないですか?レーマンのように文句を言うだけの人もいるでしょうけど、

「あの時代があったから、今がある」

 と感じている人もいるはず。

 私の四日市高校時代は、勉強以外なにもない暗黒の時代です。でも、10年、20年と過ぎてみると、あの暗黒の時代があったからこそ塾講師として生徒たちの苦労に共感できる気がします。

 私はクリスチャンですけど、少林寺拳法二段ですからね。塾生を怒鳴りつけるときの迫力はかなりあるようです。マジメな生徒を守るためには、悪い生徒を何度か追い出しました。強制退塾というやつです。

 日本人は、クリスチャンというと日本文化や仏教の聖人をイメージするらしく、

「悪い生徒をたたき出すなんて、キリスト教徒してあるまじき行為!」

 と思う人もいるみたい。実際、四日市の教会員からは陰口の嵐だったようです。どうでもいいけど。日本のクリスチャンの数は、伝道に頑張る宣教師が気の毒なくらい増えません。

みんなの読んで良かった!