口下手童貞少年、ナンバーワンホストになる ④ 別れ編

1 / 4 ページ

2月の終盤ぐらいになった頃であった。

 

私もやっとアイスと水を運ぶのは安心できるというぐらいのレベルであったが、

そのアイス・水の任務で存在価値を出せるようにはなっていた。

そんな事は誰でもできるのだが、初日に比べれば進歩していた。

 

営業終了後にいつも通りに駅へ向かおうとするとSさんが、

 

S「おい、K!ちょっと手伝ってくれへんか?」

私「わかりました。何を手伝うんですか?」

 

もう店には私とSさんだけだった。

他の従業員は女の子と帰ったホストもいれば、自分の家に帰ったホスト。

従業員の寮があったので、その寮へと帰ったホスト。

 

全員もう店を出ていたのだが、私は家に帰るのが電車という事もあり、面倒臭くて店で営業終了後も少しダラダラしてから帰るというのが日課になっていたからだ。

 

両親に仕事を伝えていなかったというのも原因の一つであった。

遅い時間に帰る方が、両親とも働いていたので顔を合わせなくて済むからだ。

 

S「ちょっと荷物運んでほしいんや。」

 

実はSさんは三重県の関西寄りの出身だったらしいので基本的には関西弁であった。

三重県は東海地方と関西圏の中間に位置しており、

関西圏に近づけば近づく程、関西弁を使う人が多くなるという県である。

 

 

私「了解です!」

 

Sさんが、車を持っているのもその時に初めて知った。

ホストには似つかわしくない後ろが荷台になっている日産のダットサンというトラック型の車であった。

 

私「Sさん、車持ってたんですね!」

S「いや・・まぁな。家から持ってきたんや・・・。」

 

Sさんは寮に住んでいた為、寮へ向かった。寮は店から車で15分程度の場所にあった。

 

S「一回ちょっと寮の様子見てくるわ。」

 

といいマンションの寮として借りている5階の部屋へあがり15分程度たってからまた車に戻ってきて、

 

S「大丈夫やった。みんな酔っ払ってグッスリ寝とるわ。部屋にあがろか。」

 

みんなの読んで良かった!