22歳の女の子が現場監督として働いて見た、建設業の現実と問題 7

1 / 2 ページ

前編: 22歳の女の子が現場監督として働いて見た、建設業の現実と問題 6
後編: 22歳の女の子が現場監督として働いて見た、建設業の現実と問題 8

私は苦肉の策として


その短いスカートの下に

作業着を履いて出ることにした。



これなら風が吹いてスカートがめくれても

作業着だから問題ない。





ミニスカートを期待していた

周りからのブーイングを振り切り



その姿で私はステージに立ち

ビンゴ大会のプレゼンターをつとめた。





多分この嫌がらせは


Aさんと仲の良い


Bさんとの連絡を

私が一方的にやめたこと聞いて


その行動が気に食わなかったんだ


そう察した。





そして、心の中の私は泣いてた。


「何でこんな目にあわなきゃいけないの?」って





作業着を下に履いた姿で

自分の思うようにならなかったのが気に食わなかったのか


その日を機にAさんからのいやがらせが


一気に強まった。






最初は無視だった。


挨拶を無視されるのは

別にそんな問題ではなかった



ただ、Aさんは立場的に

複数の責任者でもあったため


仕事での報告の要件や、質問があるたびに

話しかけにいくと

睨みつけられ


返事なんてもちろんなかった。






ただそれ以上に辛かったのは


大事な報告や連絡が私だけこないという問題


社員への連絡伝達係は

Aさんの役目だったため


無視の対象である

私なんかに当然連絡はくるはずがなかった。



そのせいで


会議の集まりも私だけ、遅刻して参加したり


提出日を知らされずに、当日になって言われたり


と仕事にも少しづつ支障が出てくるようになってしまった。





他にも


大勢の人がいる前で

名指しで私の悪口を大声で言われたり



例えば

Aさんと現場内のエレベーターで乗り合わせた時のことだった。


エレベーター運行係の方に


降りる階を間違えて言ってしまい

その後すぐに訂正したのだが


それを見て


Aさん
本当に迷惑!ふざけんな


そんなニュアンスで大声で叫ばれた。



もちろん、何かが気に障ったのだろうと思い

後で謝りに行くも、それも無視される始末

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。