「声が出ない」もう限界、自分の心に素直になろうと海外へ行くことを決めた

1 / 5 ページ

私は痙攣性発声障害という声の病気になり、

しばらく休もうと会社を辞め、

ずっと実現したかった海外留学のため

カナダにワーキングホリデーに来ています。

 


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

1.痙攣性発声障害とわかるまで

 

大学生の後半くらいから声が出にくいなあと思い始め、

その頃はバンドのボーカルなどもやっていたので声の出し方が悪いのかなあと思っていました。

(症状第1段階のちょっと違和感がある状態)

 

そのあと社会人になっても最初の頃は特に問題はなく、

人前でスピーチなどもやっていました。

ボイストレーニングにプライベートで通っていて、

なんか前よりどんどん出なくなっているなあと思い、

病院に行ってみることにしました。


病院での診断は、「とくに問題はない」とのこと。

ひと安心。

 

けれども3年後、5年後、時が経つにつれて悪くなるばかり。

仕事で電話に出た際や初めて会う人には

「風邪ひいてるの?」とほぼ聞かれました。

前のように思うように人前でスピーチができない

普段の会話でさえ詰まることが多くなってきました。

(第2段階の喋ることに苦を感じ始める状態)

 

いよいよ辛い域に達してきたのでネットで調べると自分と近しい状態の病気があり、

自分もなんかの病気かもと思いました。

そして前とは違う喉や声の専門の病院に行ってみることにしました。

(第3段階のやばいと感じる状態)

 

すると新たな医師からは

 「痙攣性発声障害、音声振戦」の疑いがあると言われました。

私自身も知らなかったので、ほとんどの人が知らないと思います。

さらにこれらの病気は断定が難しいようです、

なので私も疑いがあるとしか言われませんでした。

 

言葉が詰まったり出しにくかったり、

さらに震えも私の場合は同時にあるようです。

みんなの読んで良かった!