口下手童貞少年、ナンバーワンホストになる ⑩ 無茶な約束編

1 / 7 ページ

季節もいつしか冬を迎え、
新しい年を迎えた。


さりげなく成人式も終わった。


成人式は、Yが自分の為に買ったと言っていたが、

ほとんど私に

「付けてていいよ」

と言ってくれていた、ロレックスのデイトジャストのボーイズサイズを付けて出席した。

フェイスサイズが小さくて女性っぽいのと、

シルバーとゴールドのコンビで少しおっさん臭かったのが恥ずかしかったのを覚えている・・・。


それからも、

色々なお客さんとの出会いもあった


本気で美人揃いのクラブ勤務の4人娘。

しばらくしてからその内の一人とMさんは付き合い、3人で遊んだりもした。

初来店の時は、美人で雰囲気がありすぎて始めはみんな席に着くのを嫌がったぐらいだ。

私は接客の特訓で一番に一人で席に着いたが、滑り倒した後に、

お情けで

「気合は認める」

と言ってもらえた。


姉妹でBへ通っていた、美人というより可愛らしい姉妹。

両方ともかなりの天然で、ホスト遊びはあぶなっかしい感じがしていた。


いつもお酒が入ると乱痴気騒ぎをする売れっ子のヘルス嬢。

ただ・・

いつしかふと見せた本当の顔は、

「男を信用できない」

と悲しい顔をしていた。


なんて性格がいい子だ!!! 
と驚く程のヘルスの娘。

そんな性格がいい娘なのだが、

指名していたホストの先輩は、顔はめちゃくちゃ男前で甘い顔をしていたが、

笑いながら、

「お客さんにはなんの情もない」

と言い切る人だった。

事実、

とても甘く、明るい笑顔でお客さんにひどいお願いをしていた事もあった…。


ほんの一部を書いただけだが…

書こうと思えば、

まだまだ書ききれない程の多くの…

みんなの読んで良かった!