写真家 長谷川美祈さんの【Internal Notebook】が中国で開催された「2017第七届大理国际影会 / THE 7TH DALI INTERNATIONAL PHOTOGRAPHY EXHIBITION」でBest Publication Awardを受賞しました

前話: お世話になっている方に〇〇と言われたことに対する考察。やっぱり私の考えが辿り着く先には〇〇に対する〇〇がある
次話: 写真家 長谷川美祈さんの最近のご活躍と私が勢いで世界の○○に出ちゃった話

4月にはドイツのカッセルダミーアワードのショートリストに選考され、8月1日にはイタリアのダミーブックコンペで特別賞を受賞されています。そしてこの度は中国でBest Publication Awardを受賞されています。


2017年8月24日 

長谷川美祈さんからご連絡を受けました。改めて世界的に活躍されている素晴らしい方に声をかけて頂いたことに感謝しております。


※以下、長谷川美祈さんのご了承を得てフェイスブックに書かれた内容を転載いたします。


I heard from Eriko Noguchi that My dummy book "Internal Notebook" received Best Publication Award inTHE 7TH DALI INTERNATIONAL PHOTOGRAPHY EXHIBITION.

Lee Gim Lay! Thank you so much!!





中国大理市で開催された「2017第七届大理国际影会 / THE 7TH DALI INTERNATIONAL PHOTOGRAPHY EXHIBITION」

で私の手製写真集「Internal Notebook」がBest Publication Awardを受賞したとキュレーションして下さった野口絵里子さんからご連絡頂きました。Awardがあることも知らなかったので、びっくりしています。

野口さん、本当にありがとうございました。そして、野口さんに繋いで下さった楠本涼さん、ありがとうございました。

何よりも、取材や翻訳、プルーフなどなどご協力頂いた皆様、本当にありがとうございます。

キュレーションして下さった野口さんがガラスの盾のようなものを受け取って下さってます。




日本では児童虐待防止月間となります11月に東京都内の1会場で写真展を開催いたします。

児童虐待に関心がある方も、今まで関心がないと思っていた方にもご来場頂けるような素晴らしい写真展になると思っております。

これまで2年程関わらせて頂いたことは、長かったようにもあっと言う間だったようにも感じております。

私の人生において貴重な経験ができた2年間であったことには変わりありません。


ご案内ができる時期になりましたら、またここに詳細を伝えさせてください。



※写真の転載許可もご本人より得ております。






続きのストーリーはこちら!

写真家 長谷川美祈さんの最近のご活躍と私が勢いで世界の○○に出ちゃった話

著者の小川 詩織さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。