【理想の上司?】昨日から職場の上司が座らない理由



いつもニコニコしている優しい上司が、今週はずっと渋い顔をしていました。

そして、昨日からは、なぜかずーっと立ったまま、仕事。

同じ部署のみんなが不思議に思っていたら、今日、上司の先輩が尋ねました。

「◎◎君、なんでずっと立ってるの?」

「いや~、ちょっとおしりが・・・」

どうやら、痔で痛かったようです。


上司は、いつもニコニコ。そして、イジられキャラです。

あるときは、先輩に、

「◎◎君は、いつもヘラヘラしていればいいから良いよね。俺は大変なんだよ~」と言われ、

「そんなことないですよ~!僕だって大変なんですよ。今日はこれから、クレームのあったお客さんのところに謝りに行くんですから」

と、ニコニコしながら答えます。


また、あるときは、先輩から、

「◎◎君、老けたよね。なんかもう、若さがないよね」と言われ、

「えっ?僕、そんなに老けました?(肌が)つるっとしていて、ゆでたまごに似ていると思ってるんですけど」

まさかの『ゆでたまご』発言に、部署内にはみんなの笑い声が響きました。


ある火曜日、上司は、「腹が痛い~」と言い、トイレとデスクを何回も行き来しながら、就業時間内はなんとか仕事をしていました(さすがに翌日は休んでいました)。

原因は、日曜日のお昼に、家族に内緒で一人こっそり食べに行った定食屋で、集団食中毒が発生していて、上司も発症してしまったようです。

そんな上司も、家族の具合が悪いといった連絡が入ると、ものの数分で早退し、病院に付き添います。


あるとき、同じ部署の育休明けの◯◯さんが、子どもが熱があって保育所に迎えに行かないといけない、と言うと、

「早く行ってあげなさい。何か、急ぎでやっておくことある?」と聞き返します。

他の人が遅刻や早退をしたときも、「大丈夫?こっちは大丈夫だからね」といつも言います。


私たちの部署では、誰も、上司のことを役職で呼びません。

他の部署の人たちも、上司のことを役職で呼びません。

役職で呼ばれない上司は、みんなから「◎◎さん」と呼ばれます。


そんな上司が、私は大好きです。

みんなの読んで良かった!