俺のしくじり恋愛 エピソード1

バンちゃんのしくじり恋愛実話①

私は元々、恥ずかしがり屋で、勇気のないヘタレ。ネガティヴ思考であった。。

小学校一年生の時に、クラスのじめっ子女3人衆に囲まれるような席に運悪く入ってしまい、

そこから毎日陰湿なボディーブローのようなささいなイジメを喰らい、それが原因で

『転校したい、引越ししたい!』と

親に言っていた程でした。。

これはこの後の女が苦手になってしまった原因です。。

さらに、転校してから小学校4年生の時に、

ある日帰ろうと靴箱から靴を取り履いた所、

何か違和感があったのですが、

そのまま家へ帰りました。

すると、その違和感は、靴を脱いだ時気づきました。靴底に手紙が入っていたのです!

読んで見ると、クラスの女の子からラブレターだったのです。

そういえば、帰りに同じクラスの女の子から、

『何か靴違和感ない?』

って聞かれたので、何か変な事言うなぁ〜って

思っていたのですが、

また何かイジメのような細工されたのかな?

って思いましたので、無視しました。

(当時は、画びょうを靴に入れるとかのイジメも流行っていたので。。)

そのラブレターにこう書かれていました。

『今日の放課後の16:00に体育館裏に来て下さい。待ってます。◯◯より』と。

時間を見て見ると、16:30過ぎでした。。

時間も過ぎちゃっているけど、もし行って

『はい、引っかかった〜』

『何期待してたの?』

とか言われるトラップも流行っていたので、

信憑性がなかったので、

晒し者になるなら、行かない方がいいなと

考えブッチしました。

所が翌日、学校へ行くと、

同じクラスのその女の子と仲良い女の子から、

『何で昨日、体育館裏来てくれなかったの?』

って怒り口調で言われました!

『びどーい!』

『◯◯ちゃん、本気だったのにー!』

『最低だね!◯◯ちゃん、泣いてるよ!』

『謝りなよって!』

ってね。。

そこから、女は信用出来ない!と思うようになってしまったのです。

この2つの事件は、自分にとっては、結構大きなメンタルを落とすきっかけとなってしまったのです。。

今回での学びは、

周りの情報に振り回されると真実が見えなくなる。素直なポジティブな考え方を身につける事。

失敗したっていい、晒し者になってもいいという強く持つ気持ちがないと、何も出来ないという事。

次回に続く……。

著者の坂東 洋彰さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。