非正規で働くことを辞めようと思う

1 / 3 ページ

こんにちは、初めまして。

今日は、「非正規で働くことを辞めようと思ったきっかけ」をちょこっと。

太郎
別に聞きたくない・・・
まぁ、まぁ、そう言わずに・・!


少々おつきあいくださいませ。 


大学時代に教員を目指し、その道まっしぐらで走り続けた4年間。

私にとっての大学時代は、「自由だ~~~~!!」という感じではなく、

学費を稼ぐために働き、飲み会は絶対に避ける。

とにかく返さなくて良い奨学金を獲得するため、ひたすら勉強! 


父の急逝や、それが原因?の弟のヤンキー化現象。 


自分の居場所がないってよく聞く話だけど、当時は本当にそうでした。

だから学校で遅くまで勉強するのが、自分の居場所だったわけですよ。うん、暗っ!!


そして4年生になっての教育実習。

教育実習を経験して、自分の未熟さに気づいたのです。

教員って、ただ分かる知識を伝えるんじゃない。

目の前の生徒にいかにわかりやすく、興味を持って伝えるかは、こちら側(つまり私)の経験が必要だ、と。


 そこで思いました!

そうだ、社会人経験を積もう!


タイミングよくある方から仕事のお誘いがありました。

「この仕事、マイナーすぎてぜんぜん面接受ける人がいないんだって!やってみたら?」


それは市役所でのお仕事。

人や資料を調査して、記録として残していく。つまり歴史の本を作るお仕事。

昔から月に1回発行される「地域新聞」が大好きだった私。いつか、こうして文章を書く仕事をしてみたい。そう思っていた時期を思い出しました。


まずはやってみよう・・


ところが、この時期。箱入り娘どころか、世の中知らずだった私。

私の面接、もう笑ってください。


だってね、その当時お気に入りだった半ズボン。

超おしゃれだと思っていた男物のTシャツ。

でかい輪っかのピアス。

自分が可愛く見えるであろう、お団子頭+ちょっと後れ毛散らしちゃえヘアー。

お気に入りのリュックに靴。


面接官の待つドアを開けた瞬間、みんな凍ったよね。笑

みんなの読んで良かった!