21歳で起業した元社畜のドブネズミ【序章】

1 / 4 ページ

後編: ドブネズミが90日で社長になった物語【第1章】

僕はドブネズミのような人間だった。


僕はドブネズミのような人間だった。

世間一般の常識も知らなければ学歴も特技もない。

奴隷のように働かされ、自分を出せば否定され、夢を語ればバカにされた。


他人の言うことを全て従う機械のように生き、

人間ではなく、ドブ川のような社会の底辺を這いつくばって生きる人間だった。


そんな僕も、今では一つの会社の社長となってしまった。

そして誰よりも自由な生活を手に入れた。


はじめに、


2016年4月16日を僕は一生忘れない。


【4月14日】震度6強の地震が熊本を襲い、

トドメを刺すように、【4月16日】震度7の本震が追い討ちをかけた。


僕は当時21歳

地元熊本でスーパーの野菜担当として会社員をしていた。

いや、会社員と言うよりも「社畜」の方が正しい表現かもしれない。


学生時代は頭が悪く、高卒で地元のスーパーに就職した。


バスケ漬けの学生生活で勉強は苦手。

「大学に行きたい!」なんて思いはなかったし、低学歴な自分がお似合いなのは中小企業のサラリーマンだと身の程をわきまえていた。


東京に行って就職するのも考えたが、

夏の暑い季節に白いシャツや黒いスーツに身を包んだ中年男性たちが”愛し合う恋人”かのように身体を密着させながら出社しているのをテレビで見て、当然のように諦めた。


田舎者の僕からすると、”電車は快適なもの”ってイメージしかないのに対し、目の前に写っている映像は明らかに地獄行きの電車だった。

 

ハゲかかったおっさんがインタビューされている時なんて、

早朝の通勤電車のはずなのに、シャワーを浴びたかのように顔とシャツが汗でずぶ濡れになっていた。

 

その映像をみた高校生の僕は、

”東京は人を苦しめる場所”そんなイメージを持ってしまった。


なぜならこのサラリーマンたちは、これから会社で丸一日忙しく働いて、帰宅ラッシュで同じような電車に乗るのだから地獄のような生活だ。


そんなことを考えながら、

東京で就職した自分をイメージしてみた。

みんなの読んで良かった!