取れない疲れと逃げられない研究

やっぱりブラック研究室は良くない

価値のあるデータって何なのか?

新しいことを始めるって何なのか?

頭が回らず、時間に追われ苦痛ばかりが募るばかり。

形になった研究をするためには被験者を募ってデータを揃えろって言うけど、誰が無給で2週間程生活を管理するような被験者になるんだろうか。

時間を短く誰でも出来る研究を提案すると、

「それは工学研究者のやる事ではない」

という。

大学っていうのは、あくまで世間体のために大卒っていう資格を取るための機関なのを、なぜこの人はわからないんだろう。

大学は研究機関?

それはもっと資金があって優秀な大学だろ。

地方で、資金もなくて、研究費もけちるし、無休で学生をこき使う。

これを「辛いって言うのは良い経験」って言うのは無理があるとおもう。

あぁ。。。

それにしても金が欲しい。。。

俺にバイト出来る時間をください。。。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。