ドブネズミが90日で社長になった物語【第4章】

1 / 3 ページ

前編: ドブネズミが90日で社長になった物語【第3章】
後編: ドブネズミが90日で社長になった物語【第5章】

労働地獄の扉が開いた


詐欺で騙されて、僕はお金が必要になったので副業をすることにした。

会社員をしながらの副業なので、居酒屋のバイト以外思いつかなかった。


僕はすぐに知り合いのお店で働き始めた。


時給は700円。

この副業体験こそが、僕の労働人生を思い切り捻じ曲げることになった。


バイト初日。

いつも通り、朝日も出ていない早朝4時半に目覚め眠りかぶりながら出社。

ハゲかけた上司の指示をもらいながら仕事をなんとなくこなし19時に本業を終えた。


労働時間は完全にブラックだったが、その時は当たり前になっていた。


1時間後、ついにバイトの出勤時間の20時。


初めての飲食店でのバイトに僕は心を踊らせていた。


賄いのことや楽しい職場を妄想しながら車を走らせ、

一息つく暇もなくいざ出勤すると、待っていたのはまかないでもなく、楽しい職場でもない。


シンクを埋め尽くすように重ねられた汚れた皿の山だった。


皿洗いがこれほどきついなんて思ってもいなかった。


油まみれの食器をこすり、洗浄機に投げ込む。

ひたすら全力で洗い続けても、次々とホールから汚れた皿が運ばれて来る。


常に前かがみの姿勢は181センチの僕にとっては拷問のような時間だった。


それが深夜1時まで続いた。


翌日は当たり前のように早朝4時半に起きる。


朝5時から深夜の一時まで狂ったように働いた。

休憩は昼の1時間のみ。


あとは一日中、野菜と汚れた皿と向き合った。


はじめのうちは働きながら色んなことを考えた。


みんなの読んで良かった!