ドブネズミが90日で社長になった物語【第7章】

1 / 2 ページ

前編: ドブネズミが90日で社長になった物語【第6章】

赤く鳴り響く電話。


2016 4.16 深夜1時26分

多くの人が深い眠りにつく中、震度7の地震が熊本を襲った。


縦にも横にも建物が揺れ、人々は逃げ場を失った。


魔法をかけられたかのように食器が飛び、冷蔵庫は生きているかのように暴れ出した。

揺れはまるで人々の逃げ道を塞ぐかのように物をなぎ倒していった。


どこにいても聞こえるのは建物の軋む音といつまでも鳴り止まないスマホの地震警報。


そして、怯える人々の叫び声。


電気は停電してしまい、信号も付いていないのに車で逃げ出す人々。


ただスマホの警報がなり続けていた。

どこにいたら安全かなんて誰にもわからない。


一瞬で日常が奪われた。


今まで当たり前のようにあったはずの水と食料を求めてみんなが動き回った。


家は潰れ、今まであったはずの道路は瓦礫の山。

みんなに愛されていたデパートも潰れてなくなった。


マンションの一階が潰れていたり、縦に割れているものもあった。


今までの街並みが一瞬で消え去った。


LINE、電話、どれを使っても家族と連絡が取れなかった。

ネットやSNSではデマの情報が飛び交った。


奇跡的に僕自身は無事だった。


だが、僕の自宅には仕入れていた転売用の在庫が山のようにあった。

道がないため流通は完全にストップしてしまい配送ができずにいた。


転売に置いて配送ができないということは、資金繰りができないことを意味する。

僕はギリギリまで仕入れにお金を回していたため現金がなかった。


売り上げが立たないまま、在庫は一時的に全て赤字になってしまった。


いつ流通が復活するかもわからない状況でも次のカードの支払いは来る。


在庫が僕を苦しめた。


1分おきに余震が続く中、僕は会社に呼び出された。


勤務していた店舗はひどく傾いていたが、半壊した店舗で復旧作業をした。


次に大きい地震が来たら建物が潰され下敷きになって死ぬかもしれない状況の中で、

みんな当たり前のように働いた。


気づけば僕も当たり前のように働いていた。


もう転売に頼ることがでいない。

お金が必要だったから、疑う余地もなく働いた。


普通なら、崩れかけている建物の中に入るなんて恐怖のはずなのに、

指示されると当たり前かのように崩れかけの建物に入っていった。


頭がおかしくなっていたのかもしれない。


あれが、僕が今まで信じていた”常識”なのかもしれない。


会社がやばいなら、社員が命を張って復旧作業をしなければならない。


お金がなかった僕は”常識”に従った。

震度5クラスの地震の中、当然かのように仕事をしていた。


持ち家が全壊した社員も出勤した。

その人は帰る家がなくなって、車一台に家族4人で寝ていた。


気づけば地震が日常になっていた。


僕は、また会社とアパートの往復だけの生活になっていた。


十分な水もない。

食料もない。

風呂にも入れない。

洗濯もできない。

トイレも流せない。

余震で眠れない。

布団がない。

電気がない。

ガスが出ない。

家がない。

友達に会えない。

家族にも会えない。


あるのは、会社に縛られた労働と家に残った在庫の山だけだった。


僕は自分のことでとにかく必死だった。

みんなも何かにしがみつくことで必死だった。


半壊した店舗の中で働くことに誰も疑いを持っていなかった。


みんな会社の操り人形だった。

気づけば、僕も操り人形に戻っていた。


実家には、身体の弱い家族がいた。


だが、みんながいるから大丈夫だろうと思っていた。

というよりも、自分のことで精一杯で心配する余裕もなかったのかもしれない。


大丈夫なわけがなかった。

4000回の地震のストレスは想像を絶するほど強烈だった。


その知らせはいきなりだった。

実家から一本の電話があった。


僕は急いで実家に帰ることにした。


帰り着いた瞬間に涙が溢れ出した。

今までに見たこともないような痩せた姿。


ストレスで目も見えなくなっていた。

何個も病院を通ったらしい。


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。