鬱で歩行困難な30代失業者が「進撃の巨人」に感動し1人起業した話

1 / 7 ページ

こんにちは!

天空を目指し突き抜けるかのようにそびえ立つ巨大な大阪名物

「あべのハルカス」

が見える場所に住んでいるSYU1といいます。


現在私は時間や場所にとらわれずパソコン一台で自由に稼ぎ大好きな音楽を趣味でやりながら

ノマドロッカーというスタイルで生活しているのですが、


今日は私がそんな生活に至ったきっかけを映画風にまとめながらお伝えしていきたいと思います。


これは会社勤めをしていたごくどこにでもいるような社員だった私が

30代半ばの時に仕事から鬱状態で足が動かずまともに歩けなくなり、

そのような状態から自分の足で文字通り自立するきっかけとして
インターネットで最初に5万円を稼いだ時のできごとを映画仕立てで書きつづったものです。

SYU1
映画大好き人間なもので(笑)


その後はさらに右肩上がりで10万円、15万円、20万円といったように伸びていき
現在はほとんど自動的に収入が入る仕組みを作り出すことに成功しています。


ネットで稼ぐためには最初コツコツと続けていくことが大切ですがその最初のきっかけや人生を変えるための手がかりとしていただけたら。


ということで、読みながらまるで映画館にいるかのような臨場感を少しでもお届けできたらなと思います。


今回、モチーフにしたのは私が実際に観に行った「進撃の巨人」の実写版映画。

それまで、原作は一度も読んだことがなく何となく世間一般で流行しているので名前を聞 くぐらいの印象でした。


巨人
普通知ってるやろ(笑)

なんていう巨人の声が聞こえてきそうですが


観に行ったきっかけは子供の頃好きだったギリシャ神話をモチーフにした映画

「タイタンの戦い」「タイタンの逆襲」を以前に見ていて映像や世界観がよく似ているなと感じたからかもしれません。



巨人
確かにそっくりやな(笑)


そんな何の先入観も持たず映画を見終わった後の私には、それまでにない
大きな感動 (泣けるという意味でなく、文字通り「感情を動かされる」という意味で)を味わいました。

巨大な壁に囲まれ毎日を安定の中で過ごす人々。



みんなの読んで良かった!