純情ホスト① 立て直し編

1 / 7 ページ

口下手童貞少年、ナンバーワンホストになる①~⑱

からの続きになります。



ほんのり田舎育ちの少年。

夜間家に鍵をかけないような家庭だったので、

適度に人を疑うという自己防衛を身に付けるのに時間がかかってしまっていたのかもしれない。







ホストの大半が飛んでしまった、我が職場であるホストクラブ「B」。

ほぼ壊滅状態だったが

いつまでも上の人間がその状況を静観しているはずがない・・・。



1月の末、グループ内のもう一店舗のホストクラブから、上の人間が派遣されてきた。

名前はSYさん。

Bでの役職はSY社長になった。

もちろん、雇われ社長である。

普段は温厚な人だったが気分屋で、一旦スイッチが入ると何をするかわからない怖さがあった。


顔は・・・

正直イケメンではなかった。

背も165cmぐらいか?

スタイルがいいわけでもなく、なぜ社長に抜擢されたのか不思議に思っていたぐらいだ。


SY社長と仕事をしていく内にだんだんとわかってきたが、

グループのトップに愛想を振りまくのが上手く、

トップに可愛がられていたからこその人事だった。




あまり詳しくは書けないが、グループのトップはとてつもない威圧感をまとっており、

自信の表れだろうか、大きい声で勢いよくしゃべる人で、それがまたホストを萎縮させていた。

車はフェラーリ・運転手付きのベンツのSクラス・ベンツSLクラスのクーペ、

エトセトラエトセトラ。

自宅は高級住宅街に豪邸。

クルーザー所有。来るたびに高級時計は違うし、その時計一つ一つもかなり高そうなものだった。

その頃の、もう何年も前の話なので大丈夫だと思うが、

みんなの読んで良かった!