2017年11月3日~26日 写真家 長谷川美祈さんの【Internal Notebook】写真展を開催いたします

1 / 6 ページ

前編: 写真家 長谷川美祈さんの最近のご活躍と私が勢いで世界の○○に出ちゃった話

会場はReminders Photography Stronghold Gallery


東京都墨田区東向島2-38-5(東武スカイツリーライン曳舟駅より徒歩6分・京成曳舟駅より徒歩5分)となります。





以下、フェイスブックのイベントページに公開されている内容を転載いたします。



フェイスブックのアカウントをお持ちの方はイベントページをご覧ください。




※English text comes below


※展示期間は11/26までとなります。FBイベント期間設定上の都合により表示が不正確になっておりますのでお気をつけ下さい。





Reminders Photography Stronghold Galleryはいよいよ今年の11月に5周年を迎えます。今年の記念企画展には長谷川美祈 写真展『Internal Notebook』を開催いたします。




長谷川美祈は2015年度にRPSで開催されたオランダのブックデザイナー、トゥーン・ファン・デル・ハイデンとサンドラ・ファン・デル・ドゥーレンが講師を務めたPhoto Book Master Classに参加し本作『Internal Notebook』の前身となる『Quiet...』に取り組みました。その後RPSの後藤由美によるメンターシップで更に推敲を重ね、本作『Internal Notebook』が完成しました。


およそ2年の歳月をかけて完成した手製本の刊行および写真展になります。




Internal Notebook




 2016年3月、日本小児科学会は全国で350名の児童が虐待によって死亡したという推定を発表した。厚生労働省での集計では、無理心中も含む児童の虐待での死亡は年間90人前後だった。260人もの児童の死亡は見逃されている。


 3歳から暴力、暴言を受けて育った女性は後遺症で聴覚を失った。5歳の時、父からの暴力で弟を亡くした男性は、その後も暴力を受け続けた。小学校2年生で一万円札だけを置かれ、一人で生活をし水道、ガスが止められた女性は、自ら児童相談所に助けを求めた。


 私が出会った彼ら、彼女らは言う。「私には目に見える大きな傷やあざは残っていない。長年受け続けた暴力や暴言、精神的な支配、性暴力、人格否定、ネグレクトは目に見えないけれど消えることのない大きな傷を残している。悔しいけれど、この苦しみは誰にも分からない。」と。皆、うつ病を発症したり、自傷行為、解離、パニック、PTSDなど様々な疾患を呈するが、その傷は、見ようとしなければ見えない。そして、理解されない心の苦しみをノートに綴り続けていた。


 「Internal Notebook」は、虐待を受けて育った子供たちの内面的な心の叫びのノートである。私は彼、彼女らが綴った日記やノートと共に、現在の肖像を撮影した。また、子どもの頃の写真や、当時の記憶を呼び起こす物から親たちの存在を表そうと試みた。しかし、そこから想像出来る親たちの存在は、私達と何も変わらないように思えた。

みんなの読んで良かった!