私が怒らない3つの理由

1 / 2 ページ

ここSTORYSで怒りを込めた文章を残すことも稀にあるが、大抵の場合は私自身が心底腹を立てて書き綴るということは少ない。


その怒りはたいてい身近な誰かのものであることが多く、まずその人の立場になりきって私なりに怒りを解釈する。


それだけではなく、解釈したものをできる限り客観的視点で見つめ直した上で文として起こしている。


言うほどの事は実際にできてはいないかもしれないが、その意識だけは持っている。




喜怒哀楽


この中で一番コントロールしたくてもできない、難しいのは「怒」ではないかと思う。


他の3つも難しいことは難しい。だが制御できなかったところで誰かに迷惑がかかるケースは非常に少ない。


ところが怒りというのはその対象者だけではなく第三者にまで飛び火することがある。


最近ではSNSがその傾向をますます増幅させている。


ただただ同情の意を表すためだけに賛同する者。


真意もよくわからないまま便乗して怒る者。


いつの間にか話の論点をすり替えて、自身の怒りをどさくさ紛れに吐き出す者。



上記のように怒りに乗っかった者はまだマシな立場かもしれない。


そういった話を聞かされたり読まされたりすることで不快に感じたり、別の怒りが生じてしまったり、時にはその怒りを窘めたばかりに自らが炎上させられてしまうという、まるで流れ弾に当たったかのような災難に巻き込まれる第三者は本当に辛い。


こうやって例を上げてみると、やはり怒りというのは相当厄介なのである。



そんな「怒」


冒頭に書いたような誰かの怒りの請負ではなく、自身が感じる怒りというものが全く起きないわけではない。これでも感情の生き物の端くれだ。



だが、あまり怒るという行動には移さない。怒るにしてもストレートに感情を出すことはめったにない。


それには3つの理由がある。



一つ。


みんなの読んで良かった!