帝王切開二回目の子宮破裂のリスクを知る。千葉県の受け入れ先が見つからないときの搬送は房総までドクターヘリのコードブルー。

1 / 5 ページ

 よだれつわり。

 またの名を唾液過多つわり。

  

 第一子のときに経験。2013年にその名前を知る人は少なく、産婦人科も対処のしようがなかった。

 2017年現在。




唾液のつわりはママサイトで広まり、記事を取り上げてくれるサイトもあったりで、以前よりメジャーになりつつあり、少数派ではあるけど、よだれに苦しむ妊婦さんがブログなどで経験談を書きこむようになった。


 それでもよだれつわり対策は依然としてこれをすれば治るというものは存在しない。

 クーラーが普及し、「冷え性女子」が増えたことによって胃腸の冷えなどが原因ではないか?ともいわれているが、定かではない。


 第一子の時はそれでも良かった。自分だけが寝ていればよく、点滴通院も命がけだったけど(吐きながら私は妊娠8か月まで唾液つわりが続いた。story.jpに記載)


 唾液つわりは繰り返すと言われていたので、今回の妊娠も覚悟の上だったけれど、あれだけ溢れていた泡のような唾液は今回はなく、吐きつわりのみ。今回は普通のつわりだと安堵した。


 が。


 世の中そんなに甘くなった。




今回は前回の帝王切開の傷の治りが良くなくて、臨月に「子宮破裂するかも?」

 などと、最初の個人の産婦人科で言われた。



はあ?!


 

前の手術から三年は経過しているけど、治りが悪いとはどういうことなのか。




しかも前の移住地から引っ越しをしており、同じ産婦人科での出産は厳しい。カルテも移動出来たらいいと思うのだけど、私は近くの市立病院の産婦人科へ転院になった。



その市立病院、受け入れは可能だが、今年の年末年始にまさかの病院そのものの移転があるそうで、12月17~1月7日までオペ室が使用不可だそうで。


 そこで早産、子宮がもたないとなると、

 「他の病院へ搬送、最悪ドクターヘリで房総の亀田総合病院へ運ばれることになるかもしれないけど、大丈夫?それが不安なら、隣の市の大学病院へ最初から通うという手もある。通うのが大変であれば、こちらで粘って通い、危険と判断したら搬送するけど。」


 と、言われる。

みんなの読んで良かった!