海外移住の候補地を探し回り、見つかった理想の場所が日本だった話

1 / 2 ページ

海外移住を希望した理由

豊かな自然に囲まれて暮らしたい



私は子供の頃から自然に囲まれて暮らしたいという希望を持っていました。赤毛のアンやサウンド・オブ・ミュージックのような世界に憧れていました。自然の中に浸れるような環境が自分の理想だったのです。

一方、日本国内で景観が良いと言われる所に旅行にいくと、スポット自体には素晴らしい景観があったりしても、周りには看板やガードレール、お土産屋などが目立っていたりして、自然の中に「浸る」感覚になれないことが多かったりしました。(今思えば、それは観光地化しすぎたところを訪れていたからですね、、)

そんな経験からも、人口密度が大きい日本よりも海外の方が自然の中に浸りやすいのではないかなというイメージを持っていたのです。


ゆったりとした文化

二十代後半、しだいに仕事が忙しくなり、仕事以外のことをする時間はなくなっていきました。自分の周りにも、忙しすぎて心身ともに疲れてしまっている人は沢山いました。

自分の働いていた会社は海外にも拠点があり、場所によりお国柄があるという話を聞きました。例えば、オランダ工場では定時帰宅が当たり前で、部長が話し中だろうがなんだろうが、鐘がなると皆帰宅すると聞きました。そこで、「良いですね!自分もそこに行ったら定時帰宅ですかね?」と聞いたら驚きの回答が、、、。

「そんな訳無いだろう。定時帰宅は現地で雇った人だけだよ。日本から赴任した人はそんなに早くは帰れないよ。」

自分はこのような答えが当然のように扱われることに大きな疑問を感じました。

自分がたまたまオランダで生まれ、その工場に勤務したとしたら、現地人として当然のように定時帰宅させてもらえたと思うのですが、日本に生まれ、日本人として勤務した場合には「家庭よりも仕事優先」的な姿勢を求められるのです。同じ人間なのに!

仕事をバリバリすること自体を否定するわけではなく、やりたい人はバンバンやればいいと思うのですが、それ以外の時間の使い方も尊重されたら良いなと思うのです。

日本では仕事とプライベートのバランスが、全般的に極端に仕事偏重になっているように感じていました。これも海外移住をしたくなった理由の大きな一つでした。海外の方が仕事以外にプライベートな部分も大切にしやすいと考えたのです。


候補地探しの旅



そんな私は、将来の拠点を海外に置くことを念頭に、世界中を見て周ってみることにしました。

北アメリカ、南アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど、20カ国程を周り、自然環境や気候、文化などを出来るだけ肌で感じてみました。観光旅行みたいなものから、長い場合には半年も滞在したものまで、場所によって色々味わいました。

やはり実際に足を運ぶのは良いですね!楽しいことも逆に楽しくないことも、全てがしっかりと体験できます。また、現地での生活がリアルに想像できるようになりますね。


お金は問題じゃない! ~ブルガリア~

ある日、テレビで海外に住む日本人を紹介する番組を見ました。そしてその番組は私に素晴らしいヒントをもたらしてくれました。

かなり前の話なので記憶は曖昧なのですが、番組で紹介している国は確かブルガリアで、その田舎町で半自給的な暮らしを営む家族が紹介されていました。野菜は裏庭で作り、牛乳は隣のおじさんから入手して、ガスはなく薪で調理をしていたか?なんかそんな感じの暮らしだったと思うのですが、その家族の生活費は月に7000円位だったと思います。

この番組を見て思いました。「ブルガリアであれば年間10万あれば暮らせるのか!1000万あったら100年暮らせる!という事は、妻と貯金を合わせれば、既にもう働かなくても生きていけるということだ!」

そして更に思ったのは、「今回たまたまブルガリアの例を知っただけで、実はバングラデシュとか他の国では年間5万でも暮らせるかもしれない。逆に、年間20万円かかるけどもっと快適な選択肢があったりするかもしれない、、、。」

これらの事に気づけたのは物凄く大きかったです。経済的な心配がいらないという大きな安心感を得ることが出来たからです。

「お金のために嫌々ながらに無理して働く」などという選択肢を必ずしも取る必要は無いと教えてくれているのです。何かあったら、ブルガリアに飛んでいけば、なんとか生活できると思ったので。ブルガリア語はもちろんまるっきり知りませんでしたが、それまでの自身の体験から、語学に関して、まるで心配は感じませんでした。


日本のポテンシャルに気づく

いろいろ調べているうちに、面白い本を見つけました。昔、日本政府から派遣されてスイスやドイツなどに牧場の研究に行った調査隊の話です。スイスなどは山を観光資源として有効に活用しており、日本もそれに学びたいと思ったようです。

調査隊の結果は、牧場を作るための土地として日本ほど優れた環境はないという事でした。これは自分に大事なことを思い出させてくれました。

実は自分も日本のポテンシャルは知りながらも、ただ忘れていた、そしてちょっと諦めていたようなフシがあったのです。

ドラえもんのタイムマシンがあったら行きたいところはどこ?と質問されたとしたら、自分の答は「昔の日本」でした。海岸に松があり、背景に富士山、横には和服を着た人々、、、そんな風景をみたら痺れますね!

そしてもう一つ、ものすごいヒントを自分は前からもらっていたことに気づきました。

野尻湖国際村(NLA)です。そこに祖父の別荘があり、私は赤ん坊の頃から毎年そこを訪れていたのです。小学校の夏休みは毎年、一ヶ月以上そこに滞在していました。

そのNLA、何がヒントかというと、その場所は自分からすると理想の環境だったのです。日本にありながら、まるで海外。公用語も英語なくらい海外なのです。効率よりも快適さを求め、皆で助け合いながら生きていくという文化がそこにありました。

・お金持ちでなくても家が持てるよう、物件価格は上限500万。

みんなの読んで良かった!