第七章 借金俳優“稲生亮生”あらわる

1 / 2 ページ

後編: 第八章 「借金を笑い飛ばせ!」

芝居をやめたときにやっていたコールセンターのアルバイトでは時給が1800円程度あり

インセンティブも入れると週3~4日程度で月に27万円前後稼げていました。

また、時期を同じくして周りの仲間と事業を立ち上げ

そちらもあれよあれよと好調に進み、3ヶ月でアルバイトとは別に月収25万程度は稼げるようになりました。

要するに、芝居をやめたら月収50万を超えてしまったのです。

皮肉なもんですね、

芝居を辞めた途端、裕福になってしまったのです。

俳優活動は出費が多いのでなおさらです。

辞めた途端に生活が楽になりました。

そしてそんな生活の中で個人事業主のする経験から、

雇う側、仕掛ける側、経営者側としてよりお金と関わった部分に触れることが多くなり、

その中で以前俳優をしていたときは、ビジネスの目線、

商品として一つのものをお客さんに提供するという意識を全く持っていなかったことに気づきました。

そしてその経験や意識を持った上で俳優をもう一度やれば、

今までにできなかった事もできるし、成長できる!と確信したのです。

そして、いても立ってもいられなくなり、

すぐに俳優を再開するために、

準備を開始しました。

イチから俳優を始めた18才の頃のようなワクワクが蘇ってきました。

みんなの読んで良かった!