兄貴の背中

1 / 2 ページ

温かいリレー


結婚をして、子供を授かることで

髭面、ロン毛の汚い青年もようやく正社員で働きました。


選んだ業界は不動産。

実は私。父親が不動産業で自分を育て上げてくたのです。

やりたいこと云々よりも定職、と探す中でかなり安易に「父親に出来たのなら自分にも適正があるかも。」

と冗談みたいですが本当の話です 笑


もう少し詳しくお話しをすると

不動産売買の仲介営業。



土地でもマンションでも戸建でも、「売主」さんと「買主」さんの契約を仲介することで手数料を頂くのが

商売です。

さて、安易に飛び込んだ「パパ」も「不動産」も新米な私。当たり前ですが苦労しました。

先ず物件を覚えたり、チラシを撒いたり・作ったり、契約に絡めての融資(ローン関係)の数値面も習得する。等々。。


販売員の経験が多かったからか

「買主」さんに物件を購入してもらうことはある程度出来て来ました。

問題は「売主」さんに物件の売り出しを任せて頂き、値段設定等でも信頼をいただくこと。こちらが非常に苦労しました。

単純な世帯であれば、「買主」の決定権は一般的に「奥様」

「売主」の決定権は「旦那様」なのです。

ヘラヘラ見えるようで私は苦労しました。。


更に、この仲介業ではこの「売主」獲得が最も「安定した実績」に繋がるのです。

何故なら、極論を言えば「売主」さんに任せていただいていれば「別会社の仲介営業が連れて来た買主」が契約をしに来ても仲介手数料は発生しますし、「買主」として業者さんを紹介出来れば、手数料は二方分(業界では「両手」と言います。)発生。業者が新築で販売した時にも任せて貰えば両手が倍です。これは固い商売ですよね。


ちなみに職場は店長(昔の典型オジサン)とアシスタントさん一名(可愛らしい方)。係長2名(リヴァイ兵長と和製ジェイソンステイサム)に主任1名(一人ココリコ)に私と言う店舗でした。

本当に沢山のことを学ばせて頂きましたが、最初は四苦八苦でした。

特に、最初は先輩の接客を同行で見るのが手っ取り早いのですが、これがたらい回し。

店長は基本業者との仕事なので新人がいきなり見ても意味がないとのことで「売れている先輩に同行しろ」と来ますがいざ係長の先輩に聞いても「暇な店長に頼め」と相手にして貰えません。


ぶっちゃけ最初は皆さんをあまり好きになれませんでした。

でも、腐っていても状況は変わりません。やれることをやろうと切り替えてチラシを配る回数を増やして、物件情報もある程度整理し、チラシの内容も手を加え、やれないなりにも「やれること」をやっている中で少しずつ皆さんとの相互理解も進んだような気がします。

気付けば会社に楽しくて行っている自分がいました。

ただ、実は「仕事が面白い」と言うよりも、

打ち解けてみれば、この職場のメンバーがとても楽しい人たちばかりだったのです!

本当に毎日面白いエピソードが増えていくような印象でした。笑

(南米っぽいと言う理由で私のあだ名は「カルロス」になってしまいましたし 笑)


みんなの読んで良かった!