あの時、もしラーメンを食べていたら・・・③

1 / 3 ページ

前編: あの時、もしラーメンを食べていたら・・・②

死因は…


目の前で起こった事をウソだと信じたい。



ロビーから外の様子を見た、

父が亡くなった日の天気は雨が降り出しそうな暗いくもりだった。

なぜか、天気とか覚えておきたかったので、覚えている。



それから、父が大学病院での研究のためか臓器など取り出されて遺体が戻ってくる間。

家族が待つ場所に通された。


一番下の弟がキャッキャとふざけたり遊びはじめた。


お母さんが

『(弟の名前)は、まだ、お父さんが死んじゃった事がわかってないのかもね。』

っと。


それを聞いてまた、私は泣いた。





死んでるお父さんが処置を終えて

部屋に運ばれてきた。

そしたら弟も泣き始めた。こんなもんなんだろうか…





それからは通夜や葬式の準備。


たぶん、色々な人に声かけてもらったけど覚えていない。



覚えていることといえば

通夜の精進落で当時の担任(男)が父と会った事もないくせに、お酒を飲み、料理を食べ誰かと話して大笑いしていた。



こっちは隣の部屋で長い長いお経と正座の足の痛みと悲しみでいっぱいだったのに。先生の笑い声が聞こえる度にイラついた。


それから担任の事は大嫌いになり

みんなの読んで良かった!