全ての夫である男性たちへ! 俳句『うたた寝に 心地よく鳴る モズの声』を毎日3回共に唄おう

『うたた寝に 心地よく鳴る モズの声』
・・・これは、僕、真田孔明@命運の四柱推命鑑定士が唄った、オリジナルの「俳句」である。  
実はこの「俳句」の中に、「陰陽太極図」に基づいた、男女夫婦の理想的な状態が表現されている。
「俳句」で唄われている情景が、夫婦間に見られる場合、男性はお金を稼げていて、女性はアゲマンになっている「状態」であり、同時にその「型」を表している。
一体どのようなことなのか? 
「俳句」の裏に隠れた部分を改めて言語化する形で解説に挑戦したい。

◯『うたた寝に 心地よく鳴る モズの声』直訳

「うたた寝」は「転寝」と書き、
「転」の字には「横たわる」という意味がある。
「テレビを見ながらうたた寝をしてしまった」というように「うたた寝」は、夜、布団に入って寝ることではなく、日中から夕方という、本来床に入る時間ではない時、ソファーや畳などに横たわっているうちに寝てしまうことを表している。
そしてどちらかと言えば、日本の昔からの文化的に「うたた寝」は男性に対して用いる場合が多い。
「うたた寝」をしているのは、夫である男性である。
次に、「モズの声」これは当俳句の中での「季語」に当たる部分であるが。鳥の「モズの鳴き声」である。
モズ:「キィー キィー キチキチキチ」
木の葉が色づき空きが深まる頃、甲高く、鋭く挑発的なモズの鳴き声が聞こえてくる。
「モズの声」というのは、男性の妻である女性が、夫に対して声高らかに、鋭く挑発的な声で決死な形相でお話をしている様を表現。
けれども、夫は妻のお話を聞いている途中で、「話を聴けない男性」脳によって、段々と頭がぼーっとして来て、眠くなってしまい、ソファーの上で堕ちて寝てしまった。
夫がスヤスヤと心地良く寝てしまった後でも、妻がまったく構うこと無く、寝ている夫に対してお話を続けている様子を唄っている「俳句」になっている。
 

◯もう少し深く状況を読解すると・・・

『うたた寝に 心地よく鳴る モズの声』これを更に深く読解して行こう。
まず、夫である男性が、日中から夕方の時間に、ゆったりとソファーで「うたた寝」をしている。しかも、妻である女性が、お話を続けている中で、脳が麻痺するかの如く、堕ちて寝てしまった。
つまり、既にこの時点で、1時間〜2時間以上はお話が続いていたことを意味している。
「日中〜夕方の時間帯に妻のお話を1時間から2時間、ソファーや畳の上で聴いている途中で堕ちて寝てしまった。」
夫には有り余る、「時間の自由」があることが分かる。時間の自由があるということは、経済的な余裕もあるということ。この男性は、時間の束縛のあるサラリーマンではなく、時間に余裕のある経営者である。
さらには、妻が男性に対して、キンキン声を張り上げながら、ムキになってお話を続けるという部分。女性は一日「6,000〜1万語」お話しないとスッキリ寝れないという研究結果があるが。お話の対象がしっかりと夫に向けられている。
女性の「お話」は、男性にとって「幸運をもたらす唄」であると古代華僑の叡智でも言われている。  
一見すると、男性の「情報時空」で見た時、女性のお話というものは、恐ろしくネガティブな内容ばかりであると感じられる。
・夫である自分に対する苦言
・他人に対する注意喚起や問題点
夫:「よくもまあ、これほどまでにネガティブなことばかりお話続けることができるなぁ・・・。」
・・・と、ポジティブが基本の男性の「情報時空」では、しみじみ感心しまう程である。
しかし実は、「ネガティブなお話」をへこたれることなく、お話続けられる女性ほど、「女子力」が高く、「アゲマン度」が高い。
なぜならば、もともと女性というものは、20万年の人類の中で、子供、自分、家族を危険から守るための能力が、進化成長して来た。
一方、20万年の中で、「生活の糧」を獲得するため外に出ていく機会の多かった男性は、危険をも顧みず、死をも異問わず、
マンモス狩りや対人間同士の命がけの闘いに挑めるようにポジティブシンキングが進化成長して来た。
「ポジティブシンキング」というと、一見良いことに思われるかもしれないが、実は状況次第ではそうでも無く危険。男性がポジティブシンキングをフル開放して前進すると必ず死ぬ。
男性だけで話し合いながらノリノリな、ポジティブシンキングで物事を進めていくと、
「よっしゃー!やるぞー!」
「ウォっ!ウォっ!ウォー!」
「オレたちは無敵だ!」
と、本当に致命傷を追うまで、前進を続けてしまう。結果は「飛んでイスタンブール」。
ここで、妻のネガティブシンキングが役に立つ。妻は自分に「りんごby「男女陰陽太極図」」をもたらしてくれる夫には死んで欲しくないと考えている。
 
だから妻が夫に対して、「ネガティブシンキング」で、ブレーキをかけたり、迫りくる敵からの危険や、仲間の裏切りの可能性など、様々な角度から見たり直感で感じたり他人から情報を集めたりして、夫を死の危険から守ろうとする本能が働く。
別の角度から見ると、「お話」を通して夫に対して、女性だから見える、感じる、致命傷や死の危険から事前に守ってくれているのである。
「あなたのココが悪い!」
「あの人は気をつけた方がいい!絶対悪い人だ!」 
「あの人はあなたを裏切る!」
「こんなのやめちゃえば!」
・・・と言った感じで、、ポジティブシンキングベースの「情報時空」を持つ男性にとっては、妻のお話は、一見クレームや悪口に聞こえるかもしれないが、「俯瞰レベル」を1つ高め、手のひらをくるっと表裏ひっくり返すと、妻は夫に対してありとあらゆる角度から起こり得る「危険」を、最悪のケース視点で事前に教えてくれていることが分かる。
ポジティブでオフェンシブな男性の「情報時空」。
ネガティブでディフェンシブな女性の「情報時空」。
「陰陽太極」が成立し、妻からバリアをはってもらっている状態で、はじめて夫は死闘が繰り広げられているビジネスの世界で、全力でアクセルを踏めるようになる。
夫が忙しい時ほど、妻が「キンキン」とお話をしてくるのは、
「そんな余裕の無い状態では、何をやっても失敗するよ!」と言ってくれているのである。
また、『モズの鳴き声七十五日』・・・と呼ばれていて、モズがキーキーと高鳴きをはじめてから、75日目に霜が降り出すとして日本では昔から農作業の目安にして来た。 
これと同じように、妻が夫に対してキーキーと高い声でお話はじめると、その75日目にまるで「霜が降り出す」かの如く、妻がお話していた問題が表面化しはじめる場合が多い。 
妻が目くじらを立てた様子で夫に対して声を上げている時、しっかりとそのお話を耳に傾け、冬越の準備をする如く事前の対策を講じていないと・・・。
問題が実際に表面化した時には、もう手遅れの状態になり、冬を超えられない状況(「致命傷」か「飛んでイスタンブール」)に陥ってしまう可能性が高い。
妻は夫と家族を守るために、決死の表情で声を上げてくれているのだから、夫はしっかりと耳を傾けるべし。特に自分で事業を営む経営者にとっては、会社の上司に当たる人間がいない場合が多いので。妻のお話だけが頼りであるとも言える。   
この妻のお話を、クレーム・悪口として取り、反抗したり、ガチで喧嘩をやりあってしまう夫は。大抵、ビジネスの世界でも結果が出ず伸び悩んでしまったり、「飛んでイスタンブール」になってしまうというわけだ。
 

◯「モズの声」が鳴らなくなったらやばい!

また・・・家の中で「モズの声」が鳴らなくなったら夫である男性にとって極めて深刻な状態であるとも言える。  
妻が夫に対して、バリアをはったり、事前の危険予測したりする力のある「お話」をしたくなくなっている状態。
イコール。
妻は既に、夫に見切りをつけて、
「別にいつ死んでもいい」  
「いや、むしろ死んでくれ!」
「死んだら次を探す」
・・・とリアルに考えている状態になっていることを意味する。
この状態では、妻は夫に対して「サゲマン」になっていて。
夫は男性の「情報時空」本位のポジティブシンキングで前進を続け、必ず「飛んでイスタンブール」になるか命を落とす。
夫婦関係において家庭内で「モズが鳴いてくれない」状態になってしまったのは、100%夫側に問題の根源がある。
・「忙しい」からと妻の「お話」に耳を傾けようとしなかった。。
・妻の「お話」を「お前は何も知らないんだから口を出すな!」と無視し続けた。。  
・妻の「お話」に対してガチで反抗したり、壮絶な喧嘩を繰り返してしまった。。
・妻に対して十分な「りんごby「男女陰陽太極図」を提供しなかった。。
・・・これを継続したがため、妻は夫に対して「コイツに何を言っても無駄」と諦め。
・話が合わない
  ↓
・気が合わない
  ↓
・身体が合わない
・・・と、両方が「現役」であっても、永遠の「セックスレス」になる。
当然である。  
堕ちていくことがわかっている男性の、子孫など残そうとも思わない=2度とセックスしたくなくなる。
そればかりか、Yahoo!やGoogle検索でも、
・「旦那 デスノート」
・「夫 死んで」
・・・などとガチで「検索」ワードを打ち込むようになる。
そうすると、夫にとって家の中に最大の「敵=妻」がいるようになり。
「塩をもって高血圧。砂糖もって糖尿病。」
料理の味が、濃くなったり甘くなったり。
常に「死別」や「離婚」を願われるようになってしまうのである。
そして隙あらば、「モズのはやにえ」。モズがいる近辺の木の枝に、 トカゲや昆虫、カエルなどが、串刺しになって干からびた状態を見かけるが。
夫は「モズのはやにえ」の如く、妻からも足を引っ張られて、「飛んでイスタンブール」、再起不能な状態に陥ってしまうのである。
・・・ということで、僕たち夫である男たちは共に毎日3回、この「俳句」を声に出して繰り返し唄おう。
『うたた寝に 心地よく鳴る モズの声』
『うたた寝に 心地よく鳴る モズの声』
『うたた寝に 心地よく鳴る モズの声』
そして、具体的にこの俳句が唄っている「男女陰陽太極」の情景をビジュアルとしてイメージしよう。
家の中で「妻」が「キンキン」と夫である自分に対して必死な形相で、鳴いてくれているのは、「自分に幸運をもたらす状態」であると・・・。
家の中で、「妻」が自分に対して鳴いている状態は、「最幸の風水」であると・・・。  
夫である僕たち男性は、妻のお話に対して、反抗することなく、壮絶な喧嘩に発展させることなく、反省した様子で、素直な気持ちで、聴き続ける。
1時間、2時間・・・
次第に脳が麻痺して、ついつい「うたた寝」してしまう位聴き続けることで。僕たち男は、いかなる荒波にも立ち向かい、戦果を獲得して、生きて帰ってこれる、「百戦錬磨」の漢(おとこ)へと進化成長を遂げられるのだから。
『うたた寝に 心地よく鳴る モズの声』by真田孔明@命運の四柱推命鑑定士

みんなの読んで良かった!