ナルシスト恋くんに困っています。@プロローグ

前編: 22歳、恋愛について考えてみる。

プロローグ


自分でもどうだかわからないけど、多分、世界中の7割の人間は自分が魅力的に感じる「ナルシスト」だと、私は思う。何人いるかなんてわからないけど。


私が今まさにお付き合いしている恋人は、そう、世間一般でいうナルシストである。

……けど、他のナルシストと違うところ。それは過度に自分を愛しすぎているところである。きっといろんなナルシストの人たちに会ったことがないからこれが普通だと思ってるけど…普通の人はみんな口を合わせてこういうだろう。尋常じゃないと。

別に偏見とかではないんです、一切ね。確かに最初のうちは「ウゼェ」なんて心の底でボソッと呟いてた。けど今は面白すぎて逆にこのネタをみんなに共有してもらいたいな、なんて思った。こんな面白い人と付き合いたいなとか思ってみてもらいたい。なんて思ったり。


…あ、ちなみにいうと、私もナルシストなんです。自分かわいいって思うし、自分大好きだし。けど、そうなれたのは逆に彼のおかげなのかもなぁ。なんて日々思います。


ただ、自分の22年間の人生で、こんなに自分を好きになれて、誰かを愛したのは初めてだった。中途半端な恋愛に身を委ねて流され溺れてそして最後には撃沈。中学も高校もそんな恋愛だった。まぁ年配の方からしたらきっとお遊びな恋愛と思われてしまうんだろう。

だけどその人その人に個性や魅力があるわけで年齢とか性別とかそんなもん関係なしに一人一人を私は心の底から愛していたんだ。

…でも相手はみんな子供で、お付き合いの先まで、…未来を考えてはくれず、結局重たすぎる愛のせいで破局。そりゃそうだ。中学高校で付き合った人間が将来の伴侶になる可能性なんて限りなく少ない。そんなことすら当時の私、そして今の私は知らないのだ。

そんな恋愛ばかりしていた私は「もう2度と本気で人を愛さないようにしよう」そう心に誓った。


…けど彼は違った。

こんな重たい愛も真に受け止め、愛してくれた。


ここからは、私と恋くん(こうくん)がどう出会って恋に落ちたか。その他諸々。まぁいろいろありすぎて、きっと書ききれないし、記憶もほとんど薄れてしまうくらい出会った頃のことを忘れてるけど、記憶をたどって最後まで書こうと思う。

まずは最初に、私が彼と出会う前の最悪な記憶と、最悪な人生を送って変化してしまったところからスタートしよう

…こうやって文を書いてる時にいつも「あぁ、なんで日記とか書いておかなかったのかなぁ」なんて思う。最近はご飯でもなんでも写真に撮って残しておくのにね。


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。