ブラック会社員が6棟59世帯の大家さんになれた話③(証券会社編)

1 / 2 ページ

前編: ブラック会社員が6棟59世帯の大家さんになれた話②(不動産会社編)
後編: ブラック会社員が6棟59世帯の大家さんになれた話④(不動産投資スタート編)

新卒で入った不動産会社を3年弱で退職した私は、実家に帰り転職活動をしました。転職する際は、転職先をあらかじめ決めてから退職することが多いと思いますが、当時の支店長と喧嘩しながら勢いだけで退職してしまったのです。もう一秒でも早くこの職場から離れたい気持ちでいっぱいでした。

 

そして、退職後は時間があったので、同じ営業職を探していました。業界の第一希望は、投資関係の仕事が良いと思っていて、これは自分も投資をする側になりたいと思っていたからです。

 

そこで、投資と言えば証券会社だと思い、求人を探してみるものの、経験者の募集うばかり。そこで、他の業界の仕事も探していたのです。例えば、人材派遣会社です。

 

地元の中小企業ですが、以前の不動産会社と比較すると、会社の規模も小さく自分にも上を目指しやすいのかなと思っていました。

 

しかし、そのことを父親に話すと、良い顔をしませんでした。親として、もっと大企業に勤めてほしいという気持ちがあったのかもしれません。

 

当時の私は、このクソ親父は自分のことなんか何も考えていない奴だと思い、親子関係は最悪でした。でも、今思うと、親がそのように思うのは当然だと思います。

 

自分が親になって思うことは、やっぱり子供には経済的なことで苦労してもらいたくないです。

 

だから、父親は大企業をすすめたと思います。私も自分の子供が会社員を目指すなら、中小、零細企業よりは少しでも大企業へ就職することをすすめます。

 

なぜなら、大企業に勤めているほうが社会からの信用力があり、銀行から資金調達もしやすくなるからです。

 

しかし、その時の私は、そんなことは考えられませんでしたし、感情だけで物事を捉えがちでした。

 

そして結局どうしたかというと、運良く大手証券会社が未経験で営業職を募集したこともあり、すぐに採用試験に申込み内定をもらうことができました。

 

なぜ、大企業を選んだかというと、やっぱり親のことを考えてだと思います。

 

父親からは大企業をすすめられ、母親はそこまで言われませんでしたが、内心は大企業のほうがいいと思っていたはずです。その気持ちに応えたいと思ったのでしょう。

 

このことを考えると、親が過剰に子供に期待しすぎると、子供はその期待に応えなければならないと自然と思ってしまうのかもしれないですね。

 

自分の子供には、好きなことを仕事にしてもらいたいので、過剰な親の期待はせず自由に仕事をしてもらいたいものです。

 

将来子供が仕事をはじめる時は、親としての考え方や経験は伝えて、自分の好きなことを仕事に就いてもらえるといいなあと思います。

 

そして、内定をもらった私は、入社まで数か月時間があったので、アルバイトしました。

 

何のバイトかというと、「土方」です。まだ若くて体力もあったので、人生の経験として、やっておこうと思ったのです。

 

その仕事の内容は、川の土手作りです。私は重機が使えるわけではないので、スコップを使ったり、土を滑車で運んだり簡単な雑用です。

これが本当にきつかったです。精神的にではなく体力的にきつい。腰は強烈に痛くなり、全身筋肉痛になりました。

 

 

青森から出稼ぎに来ていた60代のおっちゃんは私と同じ仕事をして、慣れた手つきで仕事をしている姿には驚きました。この時の日給は8000円。お金を稼ぐって本当に大変だなと痛感したのです。

 

 

みんなの読んで良かった!