Chapter6 背徳感※で心を満たす

自分を演じる高校生活にうんざりした私はここで

密かに、そして熱心に取り組んでいた「美容力」が開花し、

初めて「大人の恋愛」に出会いました。

     

  

彼は、私よりも13歳も歳が上で、いわゆる「お金持ちの男」でした。

彼は、私の容姿をとても気に入ってくれました。今まで自信がない、ブスだ

そして家庭でも学校でも認められることのない容姿を、初めて好きだといってくれたんです。

もともと痩せ型で特に、何も気にしたことのなかった私の体までを肯定してくれました。

  


ですが私には当時同い年の彼氏がいました。

      

  

ですが、私はどちらも選ぶ。という選択をしました。

      

  

そうです。私は中学3年生のときに自分を苦しめた二股恋愛に手を染めたんです。

学校でもブスと言われ、家でもブスと言われ、部活で忙しくてなかなか会えない彼氏。

そんな、自分の心の隙間を埋めるにはぴったりの存在でした。

  

それと同時に、同級生にバカにされている「平凡でダメな自分」から

「あなたたちの知らない世界を知っている大人な自分」に陶酔していました。

   

 

家族には、「学校の友達と遊んでくる」そう告げていました。

  


※背徳感・・・後ろめたい気持ち。

みんなの読んで良かった!