Chapter 10 藤崎あゆみ、綺麗を卒業します!?

美容学生時代は、家族からの解放、そして学校では資格取得に就職活動、そしてアルバイト。没頭することが多くあっという間に卒業していました。貯蓄家で、質素倹約体質だった両親の恩恵を受けて、学費も寮費も負担してもらった私はここで家族のありがたみに気づいたんでs

  

    

そこで就職をきっかけに、白く痛みきったブロンドの髪を真っ黒に染め直し、お気に入りのカラコンもやめて、ブログも削除し、華やかなドレスも全て明け渡して、実家に戻りエステサロンへ就職したんです。

  

   

この時は、今まで自分の好き勝手な格好をしてきたけど自分を抑えた真面目な雰囲気で生活をしよう。

綺麗でいることによる自由は、未成年という若さゆえのものだった。そう思っていたんです。

   

  

こうして私の6年間燃やし続けた「美欲」は、就職を機に収束を迎えたかのよに思えました。

 


著者のあゆみ 藤崎さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。