僕の人生、実はパチスロから学んだ大切なことからできている

1 / 3 ページ

◆パチスロ好きな平成生まれ


僕はパチスロが好きな27歳、平成生まれです。
パチスロ歴は9年。


パチスロにハマり、喜び、悩み、
そして、いろんなことを学びました。


ちなみに一番好きな機種は
『化物語』(Sammy)


化物語の世界観そのままな演出も
倍々チャンスの青天井な一撃性も
解呪連やモードのテーブル管理システムも好き。


普通はこの演出時に怪異図柄を狙う訳やけど、

僕の中で”隠れ怪異”と呼んでいる
「狙え演出無し」での怪異図柄停止は
成立時の条件もあり知ってる人しか知らない。

これが出たら打っている顔はそのままに内心飛び跳ねている。


こんなパチスロ好きな僕は、
人生において役に立つ多くのことを
パチスロから学んできました。

パチンコ・パチスロ・ギャンブルと聞くと
嫌悪感を抱く人も多いと思うけど、

そんな人にこそ、
悪い部分ばっかりじゃないってところを
知ってもらいたいと思う。


◆人生初のパチスロ


僕がパチスロに興味を持ち始めたのは
小学校低学年の頃。

パチンコ・パチスロ好きな父親が
パチンコのテレビ番組を見ていたことがきっかけでした。


テレビ画面の中で何が起こっているかは理解できなかったけど、
大喜びするタレントさんを見て
めちゃくちゃ楽しそうだと感じたのと同時に憧れました。

大人になればこんな遊びができるのか。

当時からテレビゲームが好きだったこともあり
その類で捉えていたんだと思います。


一世を風靡した
『北斗の拳』(4号機)のゲームを
よく父親の携帯を借りて遊んでましたね。

中学生のときに20連でラオウ昇天だと覚えました。


高校生になってバイトを始めると
周りの大人や先輩に話を聞きまくって
パチスロへの興味は増すばかり。

…そして、18歳になった頃。
ついに、パチスロ解禁。


初打ちは地元のホールへ。

バイト先の先輩に懇願して連れていってもらいました。


この頃は、
あの伝説の4号機時代(←僕は打ったことない)
から5号機に変わった当初。

パチスロから離れる人が多い中、
相反して僕は期待と希望MAXでデビュー。


記念すべき初打ち機種は
『アイムジャグラー EX』(北電子)


よくドラマとかでも出てくる
ザ・パチスロな機種ですね。

初心者にはこれがいいと
先輩からオススメしてもらった機種で
GoGoランプが光ったら当たりという
一番シンプルな完全告知タイプ。


打ち出してみると感動すると同時に
1000円が一瞬で溶けました。

(1000円で50枚のコインを借りて
約30回リールを回すと無くなります)


当時はたしか時給680円でバイトをしていたので、
お金はほとんどありません。

若干ヤバさを感じながらも、
次々とサンド(お金を入れるとこ)に札を投入します。


よくビギナーズラックで勝てるみたいな話を聞くけど、
4000円入れて当たらなかったので、ヤメ。

なんともあっけなく終わった
ほろ苦いデビュー戦でした。


ものの数十分で大金が動くことを知りましたが、
お金を賭けている実感は負けた後にだんだん理解してきました。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。