三毛猫ミーコの話

1 / 3 ページ

18年前かな? 僕が小学2年生の頃のお話。
たぶん、6月頃だったと思う。野球を見ながら晩ご飯を食べていただけなのに、家族が増えました。

両親が共働きだった僕は、日中は祖母の家に預けられていました。
朝、出勤する親と一緒に祖母の家に行って、そこから学校に通って、夜に迎えに来た親と一緒に自宅に帰る。
晩ご飯は大体祖母が作ってくれてました。
塩コショウがキツくてカリッカリの焼肉とか、少し茶色くてパンチの効いた味の卵丼とか。
ある晩、クロネコヤマトで当時販売していたレトルトカレー(業務用で買えるから安い)を食べていたら訪問客。
ご近所のおばちゃんでした。玄関での祖母とおばちゃんの話など意にも介さず、僕は巨人横浜戦に夢中でした。

最初に出会った日

すると、祖母の呼ぶ声。しぶしぶ行って挨拶したおばちゃんの手にはダンボール箱。
ミーコとの初対面でした。

おばちゃんの話によると、親猫からも見捨てられ、フラフラ彷徨っているところを保護したのだそう。
おばちゃんの家では既に犬を飼っており、娘(僕の母親)が猫好きだと知られていた祖母宅に連れてきてみた次第。
幼い僕は、生き物を飼う大変さなど考えず、「飼いたい」と祖母に訴えます。
祖母は一人暮らし。僕も日中は学校があるので、面倒を見るのは基本祖母です。
そうした間も僕は初めて間近で見る三毛猫という生命に夢中になっていたのでしょう。
祖母が何を言ったかなどまるで覚えていませんが、無事、引き取ることになりました。

小さい三毛猫。たぶん、生後半年いってないくらいだったと思います。
テレビの陰に引っ込んでプルプル震えていました。
カレーのご飯を少し分けてあげますが、もちろん食べません。
(その日の晩ご飯「レトルトカレー」は、今でも僕をちょっとおセンチにさせてくれる思い出のメニューです)
とりあえず牛乳を人肌に温め、かつおぶしと一緒に差し出します。
でも猫はプルプルしたままこちらを睨むばかり。僕はとりあえず慣れてくれるまでは、と巨人横浜戦に意識を戻しました。

ちょっとした後のことです。猫はテレビの陰から恐る恐る足を出し、家内の探検を始めました。
嬉しかったです。この家に興味を持ってもらえたことが。これで家族になれるだろう、という喜びでいっぱいです。
名前は三毛猫だからミーコにしました。

幸せなにちじょう

ミーコは人懐っこい子でした。
祖母が座っていれば、膝の上に乗り。
僕が寝転べば、背中の上に乗り。
変声期前のソプラノボイスで鳴き真似をすると返事してくれたり。
猫好きの母も、僕の送迎に祖母宅に寄ることを楽しみにしていました。

僕は僕で、小学校の友達に自慢しました。
遊びに来た友達と一緒になって、これでもかと言うほど愛でまくりました。

一人っ子で、遊び相手といったらゲームボーイというような僕でしたが、ミーコと一緒に暮らすようになって初めて「愛する」ことを知りました。
学校ではいっちょまえに好きな女の子とか居ましたが、それとは全然違う感覚だったように思います。

異変

みんなの読んで良かった!