大嫌いで顔も見たくなかった父にどうしても今伝えたいこと。

1 / 3 ページ

今日は父の日です。
この、STORYS.JPさんの場をお借りして、
私から父にプレゼントをしたいと思います。

その前に、少し私たち家族をご紹介させてください。

父を嫌う娘


お父さんなんて、嫌い。
話したくない。
話かけんな。

そう思っている子は多いと思います。年頃の女の子なんて特に。

よくある父と娘の話です。

私もその中のひとり。

私が家に帰ってくるたび、話かけてくる父でした。
「仕事はどうだ?」
「彼氏できたか?」
「○○(私の友達の名前)とは遊んでるのか?」

私の回答は、
「うん。」だけの、から返事です。
私はその時、父を、「うざい」としか思っていませんでした。

小さい頃は、私と姉で父の取り合いをしていました。
週末は必ずどこかに遊びに連れて行ってくれた父です。
今でも鮮明に覚えています。

しかし、どんどん成長するにつれて、そんな父をどんどん嫌っていくんです。
何か嫌なことをされたわけではないのに、
ホント、思春期とか反抗期って恐ろしいです笑

私は父親になったことはないので(当たり前ですが)、わからないですが、
きっと、生まれたばかりの頃からずーっと可愛がってて、
愛情をめちゃくちゃ注いで飼っている子犬が、3年くらい経つと急に
「おいで!」って呼んでもそっぽ向かれる感じなのかな笑


そして父はどんどん頑固親父になっていきます。
「茶髪?ピアス?はぁ?ばかやろー!!そんなもん許さん!」こんな感じ。
いや、ホントに言ってました。
気に入らない事があると、テーブルとかひっくり返したり、よく物を投げていました。
ホント、昔ながらの頑固親父。

一味唐辛子のビンが豪速球なみの早さで飛んできたことは忘れません。


でも、姉は高校卒業くらいに隠れてピアスをあけ、
長い間父に隠し通していましたが、見つかって車の運転中に殴られたそうです。
そういえば、昔、姉は父にファミコンで殴られてました。

そんな父ですが、正直、大きく成長しても私には甘かったです笑
末っ子の取り柄ですかね。
私は父に殴られたことはありません。(覚えてないだけかも)
張り手くらいです。姉に比べたらきっと、ほぼゼロです。

その割に私は姉の10倍くらい、父を嫌っていたのは言うまでもありません。

父の闘病生活

後から母と姉に聞いて知った話ですが、
父は私が小学生の時から、さまざまな病気にかかっていました。
胆石、高血圧、糖尿病、モヤモヤ病など・・・。まあ、生活習慣病です。

病気のことは言っていませんでしたが、母は父との離婚を考えていました。
何度も。
今思えば、母は将来を見据えていたのだと思います。
それを姉と私が母をなだめる日が続く日もありました。

病気と闘いながらの日々が続いていましたが、仕事は順調のようでした。
年齢も年齢ですので、これから出世!という感じです。
仕事熱心な父は、家に帰ってからも仕事の電話が鳴りっぱなし。

それを、「まじ声でかいんですけど。うるさいから外で話して。」
と、娘2人してベランダに追い出していたことはヒミツです^^;

そんな中、今までにない大きな病気と父は闘うことになりました。

ひとりで立つことさえも出来なくなる

それは、本当に突然でした。姉からの電話。
父が入院することになった。という電話。
このとき私は、「ああ、またか。」くらいにしか思っていませんでした。
父は、何度も心筋梗塞等で入退院を繰り返ししていたので、
変な慣れというか、大丈夫でしょ。
というなんの根拠もない安心がありました。

検査結果は、脳梗塞でした。
父は仕事中、体に異変を感じ自ら病院に行ったそうです。

そして、半身不随となりました。

父に面会しに母と一緒に病院行った時、はじめて何かの恐怖に襲われました。
今まで入ったことの無い、超厳重な部屋。
機材ばかり置いてあって、白くて、研究室みたいな部屋。
マスクにビニールの帽子をして、案内された父のもとへ。
父に会うのが少し、こわかった。

私が父に会った時、もうすでに父は口をうまく動かすことができないので、
何を喋っているのかわからない状態。

なぜかこみあげてくる涙。あんなに嫌いな父なのに。
泣いちゃだめだ。泣いちゃだめだ。泣いちゃだめだ。
何度心の中で唱えただろう。
私は、弱った父の姿を見て、涙をこらえることができなかった。

父は、本当に全く何を言っているかわからなかったけど、
「泣くな。」
と、父が微笑みながら言ったことだけは、なんとなくわかった気がする。

母に襲い掛かる苦しみ

父は、当分入院生活を強いられました。リハビリとともに。
ここまでの間、母は私たちに涙を見せたことはありませんでした。
父と母は、お世辞にも仲のいい夫婦とは言えない、というか、
よく母は、父に向って「早く死ねばいいのに!」と言っていたりしました。
もちろん、冗談。 ・・・だと信じたい。 

父の入院生活中は毎日のように、母は仕事に行き、
お見舞いに行き、身の回りの世話をし、家事をする日々が続きました。
母は、身も心も疲れ果てていました。

そんな中、担当医さんから一言。
「奥さん、毎日ちゃんとした食事つくってなかったんじゃない?」
※言葉を明確に聞いてはいませんが、同じような意味の言葉を言われたそうです。

みんなの読んで良かった!

他16コメント
STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。