大嫌いで顔も見たくなかった父にどうしても今伝えたいこと。

1 / 9 ページ

今日は父の日です。
この、STORYS.JPさんの場をお借りして、
私から父にプレゼントをしたいと思います。

その前に、少し私たち家族をご紹介させてください。

父を嫌う娘


お父さんなんて、嫌い。
話したくない。
話かけんな。

そう思っている子は多いと思います。年頃の女の子なんて特に。

よくある父と娘の話です。

私もその中のひとり。

私が家に帰ってくるたび、話かけてくる父でした。
「仕事はどうだ?」
「彼氏できたか?」
「○○(私の友達の名前)とは遊んでるのか?」

私の回答は、
「うん。」だけの、から返事です。
私はその時、父を、「うざい」としか思っていませんでした。

小さい頃は、私と姉で父の取り合いをしていました。
週末は必ずどこかに遊びに連れて行ってくれた父です。
今でも鮮明に覚えています。

しかし、どんどん成長するにつれて、そんな父をどんどん嫌っていくんです。
何か嫌なことをされたわけではないのに、
ホント、思春期とか反抗期って恐ろしいです笑

私は父親になったことはないので(当たり前ですが)、わからないですが、
きっと、生まれたばかりの頃からずーっと可愛がってて、
愛情をめちゃくちゃ注いで飼っている子犬が、3年くらい経つと急に
「おいで!」って呼んでもそっぽ向かれる感じなのかな笑


そして父はどんどん頑固親父になっていきます。
「茶髪?ピアス?はぁ?ばかやろー!!そんなもん許さん!」こんな感じ。
いや、ホントに言ってました。
気に入らない事があると、テーブルとかひっくり返したり、よく物を投げていました。
ホント、昔ながらの頑固親父。

一味唐辛子のビンが豪速球なみの早さで飛んできたことは忘れません。

みんなの読んで良かった!