武道館への道【自分を許してあげよう】

こんにちわ!シンガーソングライターDai-Go!Lowです。

 

 

何をやっても全く、支持されなかったミュージシャンだいごろが、いかに変わったのか?

 

その事実を書いて行こうかと、思います。

 

 

先日、大井町きゅりあん小ホールにて、ホールワンマンを終えて、改めて、1年間を振り返ると、様々な出来事があり、ストーリーがあると思いました。

 

 

1年半ほど前、2016年の夏、、

仕事を13日も休んでギターを背負い北海道一周ツアーをやってきました。

 

帰ってきたら、仕事復帰出来ない自分の席が無くなる可能性を覚悟しながら。

 

でも、これは、ダメな挑戦でした。

 

音楽的には出会いがあり、行って良かったのですが、家族の大黒柱としては、やってはいけないし、社会人としても、音楽一本で生活するって、、応援されないんです。

 

むしろ、仕事しながら、音楽活動を本格化して行くことが、支持されます。

 

 

音楽の収益がある人は良いですが、無いのに、会社辞めた?

なめてんの?って、ボクは思います。

 

むしろ会社の人や友人に音楽を応援されることが大切だと気づき、会社に直談判したり仕事一生懸命したり、会社の仲間、音楽の仲間たちを増やして行けたんです。

 

 

路上で歌っていると、人間模様がみられます。

 

サラリーマンの悩みを聞いてあげ、その悩みを吹き飛ばす演奏をした経験が何度かあります。 

 

 

僕の音楽も役に立ってる、自分を許してあげよう。

 

あまり、自分に厳しすぎてもダメだ。

 

 

続く、、

著者のDai-Go!Low (だいごろう)さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。