大企業に新卒で入社。出世コースに入るも4年目でその会社を辞めた僕のキャリア。


初めまして、まずは自己紹介からさせて頂きますね。

とある田舎で高校まですごし、都会への憧れとと共に都内の私立大学に入社。

大学生活での経験を期に人材会社で働きたいと思うようになり、大手人材会社に入社。

シュっとしたスーツを身にまとい、

大都会東京でバリバリの営業マンとして活躍することに

胸を躍らせていた。


が、しかし・・・


入社後の配属発表で言い渡された勤務地は





愛知県・・・

しかも担当するエリアは愛知の名古屋駅近辺でもなければ栄でもない。。。


超ド田舎。

配属されたオフィスも10人くらいのちっこいオフィス。

「なんだこれ」

これがその時の正直な感想だった。

都会にあこがれて、上京し、大企業への内定ももらい、

東京で自分のキャリアを歩んでいくつもり

満々だったのに

期待を裏切られたところから僕の社会人人生がスタートしました。

だけど、そこから僕は破竹の勢いで成績を残し

とうとう東京の本部まで上り詰めることができた。

第2弾以降では、僕の営業時代の話と東京に来てからの話、そして会社を辞める話をしていきます。




みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。