22歳上の彼女と暮らして見えた母の姿②

前編: 22歳上の彼女と暮らして見えた母の姿
後編: 22歳上の彼女と暮らして見えた母の姿③

母と僕との関係性


僕の実家は田舎で自営業をしている。父は比較的優しくて、子どもに対して指示をするタイプではない。その一方で、母は「あれしなさい」「これしなさい」と常に指示をするタイプの人だった。

兄弟は4人、僕は2番目。
特別、仲が悪い感じもなかったし、大きな問題もなかった。

所謂、一般家庭そのものだったように思う。



ただ、僕は小さいときから、なんだかわからない違和感を覚えていて、それを上手く昇華できずにいた。

母に対して、中学校ぐらいまで反抗していた。

「なぜ、外の世間への対応と家の中での対応がまるで別人なんだ?」

そんな風にいつも思っていた。



印象的なエピソードがある。

母の家での言動を、小学校の時の部活のチームメイトやその親に話したことがあった。

そのことを家に帰って言うと、

「自分の家の中のことは、外では言わなくていいの!!」

母と姉に激しく怒られた。

家でのいつもの会話を話しただけで、そんなに激しく怒られる理由がどこにあるのか、さっぱり分からなかった。


母は、自分がいいと思ったものは絶対押し通す。たとえ僕がどんなに嫌でも、それをしなければならなかった。

塾や勉強、進路のことまで過干渉で、あれもこれもと決められる関係だった。

そんな指示で育ってきた僕は、自分の感情で、心の底からこれがしたいと思うことがなかった。


幼稚園の時、プラモデルを組み立てるのが好きだったから「ものづくりが好きだろう」という親のアドバイスをそのまま鵜呑みにして、大学は就職に有利と言われている機械工学を専攻していた。

結果的に、全くその職種では働いていない。


でも、こういう家庭って多いんだろうと思う。


親の決めつけや思い込みによって、子どもの意見や考えを全く尊重せず、親が意思決定しているようにも見える。



ただ、僕は親になったこともなければ、教育の現場で働いたこともない。

だから、子育てはこうあるべきだ、なんて偉そうなことは言えない。


だけど、一つわかることがある。

そういう親の元で育った子どもの本当の気持ち。




どんなに良い子に見えても、

どんなに礼儀がしっかりしているように見えても、

どんなにニコニコしていても、


親や周りの人に嫌われないために合わせているだけ。


そして、本当に自分がしたかったこと、やりたかったことが何なのかを、忘れていく。



大学生まで友達はたくさんいたと思うし、気が合う人はいた。

ただどんな時であっても、絶対的に信頼できる人はいなかった。

親も、もちろん信用はしていない。



そんな人間不信だった僕が、「この人なら信用できる」と思ったのが、彼女だった。


僕だけでなく、彼女に出逢った人はみんな言う。


「こんな人に初めて会った。」


(続く)

続きのストーリーはこちら!

22歳上の彼女と暮らして見えた母の姿③

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。