52歳無謀女の大冒険~離婚、無職、キラキラ起業女子、カルト、ぼったくり

1 / 2 ページ

1,あきちゃったんだよね

 ​離婚っていうとさ、みんな、不幸のカタマリみたいに言ってくるよね。

 まるで、朝、道を歩いてたら、
2階の窓から生ゴミを頭からぶっかけられたあげくに、
散歩中の犬におしっこをかけられ、


悪ガキの自転車に当て逃げされた、

 くらいに、不幸のカタマリみたいに言ってくるんだよね。

 違うよね。
 まちがってるよ。

 そのうえ、相手がものすごく悪い人だったんだね、って感じに同情してくる。
会ったこともないのに、勝手にいろいろ言ってくる。

「困った男は、どこにでもいるから」
 いやいや、どこにでもはいないから。
 少なくても、私の元夫は違うから。

 なんていうかさ、人の離婚についてあれこれ言ってくる人には、2種類いるよね。
 1つは、自分自身の男への恨みをぶちまけるタイプ。

「男って、ほんとどうしようもない」
「男には、苦労させられるよね。男は、ああでこうで~」

 いやいや、恨みぶちまけられても、めっちゃ困るから。


 私のfb記事に、勝手にごちゃごちゃ恨み書かれても、知らんて。
 もう1つは、
「男運悪かったのね。うちはいい夫で、仲良しなの~」
っていうなぞのマウンティングしてくるタイプ。



で、そういうタイプに限って、内実夫への不満がたまってる。

「こないだも、仲良く旅行に行って~。
ちゃんと彼氏作らないと、老けるよ~」
 なぞのレクチャーしてくる人に限って、老けてる。

 心配になるほど、老けてる。



 離婚てさ、理由なんて人それぞれで、勝手に枠に当てはめんなよ、って思う。
 で、私に限っていえば、

 あきたんだ。

 元夫に出会ったのは、19歳。
 その時の自分とその時の元夫では、価値観が合ってても、それから30年以上たったら、お互いに合わなくなるの、ふつうでしょ?

 違う?
 30年だよ、30年。

 私はもともと無謀なのに、年ごとに無謀さが増してったのに、
元夫は、だんだん狭い地域社会、「イエ」に順応してった。

 合わないよね。

 それはまるでさ、ルフィーとマスオさんが合わないのと同じだよね。

 どう?
 ま、ルフィーは男だけどさ、女のルフィ子さんがいたとして、
 ルフィ子さんとマスオさん、話が合うと思う?
 思わないよね?

 で、マスオさんて、別に悪い夫じゃないよね。
 だけど、ルフィ子さんとマスオさんの結婚生活、想像できる?
 できないよね。

 そういうことよね。

 これはもう、離婚するのは自然だよね。

 一緒にいるほうが不自然だよね。
「マスオさん、ごめんねだけど、無理だわ」だよね。

 まあこんなふうにさ、昔と違って寿命がのびると、何十年も一緒にいるわけでしょ?
 で、30年たってまだまだ元気なんだから、そりゃ離婚って、ふつうだよね。

 だから、みんなもっと、元気に明るく、

「あきた」


って、離婚するといいよ。
 楽しいから。
 だって、人生、長いじゃんね。

​ でさ、離婚する時、言われたわけよ。

 元姑  「離婚したら、生活してくの大変だから。私の妹も苦労して~~」
 元義姉 「離婚してやっていこうなんて、自信あるのね。うらやましいわ~。
      (どれだけ大変だと思ってんのよ、バカ)」

 うっさいよ。


 大変で苦労したのは、元姑の妹でしょ?
 自信がないのは、元義姉本人でしょ?

 みんなさ、自分の問題を、人に押しつけすぎなんだよね。
 自分だったらできない、自分だったら無理。自分が知ってる人にはできない。
 自分が知ってる人には無理。

 ってだけなんだよね。
 それをさ、ぜっぜん、関係ない、他人の私に当てはめんなって、思うよね。

 うっさいよ。



 ルフィ子には、そんなこと、知ったこっちゃないよ。

 人それぞれ、違うんだから。

 自分と他人は、違う。
 ここ、ちゃんと、わかってもらいたいよね。​

 ここごっちゃにして、自分の問題を人に押しつけてくるから、ほんと、めんどくさい。
 悪いけど、つきあってらんないよ。

2,キラキラ起業女子の世界

​ で、離婚して、それまでやっていた学習塾を手放して上京。
 ねっからの無謀女だから、無計画に離婚、無計画に上京。

著者の山崎 理恵みりえさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。