殿堂入り1位の顔芸が出来なくなる日

1 / 3 ページ

「赤くなったぞ! リンゴ!」

国語の授業中にクラスメイトから罵声と冷やかしの声が飛んだ!


それを聞いて先生は注意をしなかった、いや、軽く、そういうこと言わないのよ。

くらいは言ったかもしれない。


なぜ? 罵声と冷やかしの声が飛ぶのか?


それは、国語の教科書を読むと私の色白の顔が、

5秒程で顔はもちろん耳から首まで真っ赤になるからだ。


この時の私は顔がほてり熱くなりのぼせたようになり、

頭の中は少々パニック状態になっている。


小学校のクラスメイトからすれば、この突然の顔の変化は

興味深く面白いのだろう、大声で笑う、冷やかす、じっくり見て楽しむ、反応は様々だった。


同級生の私が酔っ払いのおっさんのような赤い顔になってしまうのだから

面白くてしょうがないのもわかる、でも、なる方としてはつらい。


「ゆでだこ! リンゴ!」


素晴らしい突っ込みじゃないかとも思うよ、でもストレート過ぎる。

私はこの真っ赤になる状態を ”顔芸” と呼ぶことにした。


「今から、お前らに珍しい顔芸を見せてやるから、お金を払え!」

そう言えたらどんなに楽だっただろうか。


面白いなら、お金を払ってもらう、正直にいって貰ってもいいと思う。

辛さに対する対価としてもらいたいくらいだった。


この顔芸は私生活で頻繁に起こる現象になっていった。


音楽の歌の試験の時もひどかった、出席番号順に一人づつ歌っていく歌の試験。


名前が呼ばれた、来た、悲劇の時間開幕だ。

真っ赤になりリズムも狂い歌い終るまで歌い続ける、ここでも冷やかしと笑いがおこる。

何を歌っているかもわからないパニック状態、でも歌うのは好きだった。


こんな顔芸をはっきり自覚したのは、小学校に入学した頃のことだったと思う。

授業で問題をやりなさいと指名されたり、前にでて発言したりするときに顔が火照ることに気付いた。


みんなの読んで良かった!