16歳〜30歳までのフリーター職歴エピソード

次話: 17歳 ヤマザキパン工場

16歳 暴力スナック

近所のおばさんがママをやっていたスナックでちょっと働いてみないかい?と誘われ初めてのアルバイトが水商売でした。

16歳は水商売できませんが私はあくまで「お手伝いさん要員」としてお客さんの前では18歳と名乗り

お手伝いさんをしていました。

スナックなのにセーターとジーパンだけならなんでもいいよ。という服装規定で、トークが売りだったような思い出があります。


ある日、ママが裏手で客とケンカをし、割れたビール瓶を片手に頭から血を流しながら客を追っかけ回している強烈な記憶があります…。

とても楽しいアルバイトでした。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

続きのストーリーはこちら!

17歳 ヤマザキパン工場

著者のわたしさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。