平日8時間を拘束された派遣社員の占い師


中学の時から、自分が主役になるよりも、
縁の下の力持ちとして皆を支え世話をするという
マネージャーの存在に尊敬をしていた。

高校時代の3年間はサッカー部のマネージャーとし
選手の体調管理から、部長と練習メニューの計画。
一人一人の長所を伸ばす育成方法を監督とミーティング。
コミュニケーションはもちろん、身の回り、勉強のお世話まで。
皆を支え続け、日々部活に打ち込んだ。

県大会や、全国大会で優勝した。という輝かしい栄光はないが、
自分の力が誰かの力になると言う事を身をもって経験できた3年間だった。



それから、就職をするわけだが、

 

仕事は長く続かず、

ディーラーでつなぎを着て事務と現場を両立しながら4年間、会社員として働いたが

もっと他に自分の出来ることがあるはずと退職。(社会と人間関係、経理を学んだ)

 

料亭の仲居、ホテルのウェイター、コンパニオン、結婚式場スタッフ、

早朝でスーパーの日配のバイトをするなど1年間フリーターを経験。

(人生には欠かせないマナーを学ぶ)

 

派遣で総合設備会社へ入社。半年で契約社員となったものの、

仕事があまりにもきつく、1年で退職をした。

しんどい時は、毎日「嫌だ、嫌だ」と泣きながら通い、

明日も嫌だと、泣きながら帰宅を繰り返していた。

 

 

私は、自分の力で周りが活気づく仕事がしたかった。

多くの人や社会に力を尽くして、よい結果をもたらすような…

 

結果、そんな仕事は見つかるはずもなく、

生活も貧しくなったので、派遣でだらだらと仕事を始めた。

 

次に就いたのは太陽光の保守メンテナンス会社。

設立から間もなく、あらゆる分野の会社からかき集められた人で構成された会社で

社内はとても明るく、それぞれのモチベーションや技術の高さが高じて

私もとても素敵な経験をさせて頂いた。

派遣の満期は1年。

 

ステキな職場から離れ、

今は通信会社のモバイル建設に派遣社員として携わっている。

 

そして2016年、「人は皆幸せになる権利がある」と悩める人たちに、
タロット占いをベースにしたセラピーで幸せへと向かうお手伝いが出来ればと

セラピストとして活動を始めた。

 

 

 










著者の翼 槙野さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。