22歳上の彼女と暮らして見えた母の姿④

1 / 4 ページ

前編: 22歳上の彼女と暮らして見えた母の姿③

長男との奇跡



この奇跡の話は、僕と妻が出会う前のことだ。



長男が大学生だった、ある冬の日の出来事。

彼は原付に乗って走行中、追い越してきたタクシーがウィンカーを出さずにいきなり左折してきて、巻き込まれた。

飛ばされたあと、下半身を触った彼は、一瞬で自分が「下半身不随」になったことに気付いたらしい。


腰椎の一部が粉々になり、神経を損傷した。



救急で運ばれた医者からは



「一生寝たきり」


「社会復帰はありえない」


「死ぬまで病院をたらい回し」


ということを告げられた。
この医者は、指導医をするほどの先生であり、自分が彼に対して無理と言うことは世界中のどこにいっても無理だと言い放ったらしい。


僕なら(普通なら誰でもそう思うはず)それだけすごい医者が言うことなのだから、絶望してしまう。これからどうやって生きていこうとか、将来への不安や恐怖でいっぱいになると思う。
もしくは泣き崩れて、何も考えれないということもあるかもしれない。


でも、彼女と長男は違った。

事故当日、医者の説明を聞きながら、彼女は「どうやったら歩くのだろうか」ばかりを考えていたと言う。さらに医者が無理というなら専門的なことは一切信じず、ただひたすらに、自分の感覚を信じてやり切ろうと考えていたらしい。

みんなの読んで良かった!