発達障害の良いところ

僕は発達障害があるみたい。でも、「発達障害でなにが悪いの?」って開き直ってます。
でも、社会ではそういう人って少ないみたい。
だから、発達障害でも、もし困ったら弁護士とかに頼めばいいから、そのままでよくない? ってことを伝えようかなって思います。間違ってたらすいません。

ややこしくない!

 発達障害者は、ややこしくないです。素直で人当たりのいい性格なことだって多いです。サービス精神は性格が関係するかもしれませんが…。
 嬉しかったらくるくる回るし、踊るし、嫌なことがあれば出て行きます。
 他人の思考を勘ぐることもしないし、だから「誤解」はありません。騙されることはありますが…。
 だから、人間関係で疲れるということはありません。いや、逆に誤解されて疲れることはありますが、「発達障害だからしょうがない」って開き直れば大丈夫です。
 ただ、「恋愛」はどう頑張ってもできませんけどね!

追い続ける姿勢

 こだわりが強いことは、努力することになります。
 時に強迫的になりすぎて体を壊すこともありますが…そうならないように気をつけてさえいれば、努力量はハンパじゃないです。普通の人にはできないかもしれません。特にAD/HDの人はそこにフットワークの軽さも加わって、常人では考えられないバイタリティを持っていることもあります。もちろん、体力が続けばの問題ですけど。。

斬新?

 しがらみや文化や常識に囚われないので、斬新な場合があると思います。
 まぁその代わり学習障害とかがあると、「故きを温ねて新しきを知る」ができないので、健常者に劣ることはあるかも知れませんが…。
 ですからあまり複雑でないモノに関しては、その発想力(僕は「欲望力」と呼んでますが)がかなりプラスになると思います。
 他人の目を気にしないというのもありますよね。健常者の方は「こんな事ビジネスにしたら下品だ」とか「皆から叩かれるかもしれない」思うかもしれませんが、そのあたりが発達障害者はアホなので、周りの目を気にせずバンバン発表できます。もちろんバッシングはありますけどね。でも、民俗学的価値にもなりますでしょ?(その辺が学習障害があったら分からないですけど)

確かに、友達がいなくて寂しい時はあるかもしれません。
でも、お金さえあればサービスしてくれるし、きっとそれでいいんだと思います。
僕は健常者の他人の目を気にした「オドオド」した所がスゴク嫌いなので、発達障害で良かったなぁと思ってます。

では!

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。