なにやってんねん。

人は私のことを「天然」と言う。

ずっと何かの間違いだと思っていた。みんな、本当の私を知らないからだ と。

しかし、、、  事件を境に思いは変わった。


ある日のことである。

私は、何気なく通りかかった靴屋のミュールに心を奪われた。

手に取り、サイズ ヒールの高さ 材質 など確認していると、店の奥からスタッフの

声がした。


「どうぞ~~ お試しくださぁ~~い (^^) 」


じゃぁ、履いてみようかな。

靴を脱ぎ、お目当てのミュールを履き、鏡の前に立った。 うん、なかなかいい。

買おうかな  と思い、自分の靴に履き替えようとしたが、、、  あれ????

、、、、 ないのである。  さきほどまで履いてた靴が、ここに置いたはずの靴が

忽然と姿を消したのだ! 店の床という床を探したが見当たらない。 

まさか盗難?? いやいや捨てられることはあっても盗まれるようなしろものでは

ない。 そばに居たスタッフに声をかけた。


「あの、すみません! 今、このミュールを試着してたんですが、その間に私の靴

がなくなっちゃって、、、、。」


「ホントですか!?」


店の奥からも助っ人が出てきて、3人で店中を隈なく探したが、やはりない。


「どなたか、間違えて履いていっちゃったのかしら。」 とスタッフ。


すると、後ろから申し訳なさそうな声がした。


「あの~~~ お客様、、。 もしかしてあちらがお客様の靴では?」


スタッフは、私の背後にある棚を指さしていた。振り向くと、肩ほどの高さの

段に違和感ある光景が広がっていた。お洒落を競い合うように並ぶミュール

の中に、一足だけ場違いな靴があった。そのくたびれ果てた靴は、まぎれも

なく私の靴であった。


あ、、、、、、、、っ  、、!!


棚に座するのが子供であったなら、間違いなくこう声をかけるだろう。


「何やってるの! 早く降りてきなさい!!」


でも、相手は靴だ。自分で降りて来れないし自分で登ったわけでもない。


「ご、、、ごめんなさい、、。

  こんなところに置いちゃったんですね。自分で(汗)」


おそらく、棚からミュールをおろして履くと同時に、自分の靴を無意識に

そこに収めたのだろう。 恥ずかしさのあまりすぐに立ち去りたかったが、

失笑の空気の中、お詫びの気持ちもあり、


「このミュール、いただきます。(^^;) 」


と申し出た。許しを請うわけではないが、私には普段から、その場を収める

ために、よく考えもしないで何かを決めて申し出てしまう傾向がある。いや、

収めるというよりは、その空気から逃れるために。


そして、会計を待つ間 身の置き所がなく、床に散らばってる靴を揃えたり、

隅に寄せたりしていると、


「あーーー! それ、私の靴です!! 」


と、試着してる他の客に注意されてしまい、ますます居場所がなくなった。

負の連鎖だ。 せいぜい3分程の時間だったが、待つ間 充分に思い至った。


そうか。だから「天然」と言われるのか。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。