何も特技のなかった元保育士の私が、時間もお金も自由になって好きな場所に行ける理由

3 / 6 ページ

私もかなり「行きたくない…」落ち込むことも多かったし、

 

眠れないことも多くありました。

 

 

子どもに笑いかけながら心では泣くということはよくありました…。

 

 

 

全体で職員は50人ほどしかいなかったけれど、

 

 

 

私の前に4人は体調を崩して辞めていきました。

 

 

 

 

 

そんな中、ふと思うことが多かったんです…。

 

 

 

給料が18万円なのに

働く時間、消耗するエネルギーがすごすぎる

 

 

 

他にいい時間の使い方ってあるんじゃないのか?

 

 

 

 

 

そのため、

 

「辞めたい…」

 

 

ということは毎日思っていました。

 

 

 

給料が少ないし上がる気配もないので、

好きなことにお金を使うのも結構ためらっていましたし、

 

将来の貯金もいつも心配でしたしね。

 

 

辞めて状況を変えたかったです。

 

 

 とはいえ、規模も小さい保育園なので、人は足りないし、辞められない…

 

 

 

もし突然、

「辞めます」なんていったものなら血祭りにあうだろうな…

 

 

というのは察していたので、言い出せずにいました。

 

 

 

公務員なので産休もしっかりあります。

 

結婚した、という位では辞めさせてもらえない、

縛りのある職場であることはわかっていました。

 

 

「どうする?」

 

 

とにかく、「給料が少ない割に消耗するエネルギーがすごすぎる」

ということを伝えずにうまく辞める方法はないか…

 

 

辞めるのには何か他に理由が必要だな…と思っていました。

 

 

 

インターネットビジネスとの出会い

 

一方、私はインターネットであるサイトを見て、

元気をもらっていたことがありました。

 

自己啓発系です。

 

 

 

そのサイトの管理人が、

インターネットビジネスというものがある

と言っていて、私は前から気になっていました。

 

 

 

しかもちゃんと稼げるらしいと、

存在はなんとなく知っていました。

 

 

保育士を辞める理由を考えていたときに、

インターネットビジネスがある、

ということを思い出した私はハッとしました。

 

 

「インターネットビジネスをします」

 

 

これが今の

保育士を辞める口実として、ちょうどいいじゃないか。

 

 

この理由なら辞められるかもしれない。

 

著者のKaori Higashiyamaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。