女装家たち

シドニーで沢山の女装家に出会いました。

意図して出会ってないと言うと嘘になります。
というよりメインはボーイフレンドを探していたんですけど。笑
クラブで女装家二人組に声をかけられ、かなりユニークで面白かったので、一緒に住むことになりました。
1人の女装家は衣装を1から手作りしたり、かつらをカスタマイズしたりと手の器用な方でした。
実際、他の女装家からかつらのアレンジを依頼されるほどでした。
もう1人の女装家はかなりぶっ飛んでいた人でした。
ただ、女装クオリティはかなり高く、よく道でストレートの男性から声をかけられていました。
そんな2人と暮らしていると、自分もなにか作ってみたいと思い始め、いろいろ教わりました。
前から、レディーガガが着ているような奇抜なファッションが好きで、自分でデザインとかもしていたので、すごくタイミングが良かったです。
それから、ミシンの使い方を学び、既存の服を一旦バラバラにして、仕組みを勉強して、洋裁を始めました。
そこから狂ったように製作を続け、毎週平日は衣装を作り、週末にそれを着てクラブで遊ぶという生活になりました。
また、クラブで出会った人々の衣装に対しての反応もとても良く、お話したり、一緒に写真を撮ったりとても楽しかったです。
さらに、2回だけ同居人のコネでクラブのステージでパフォーマンスもさせてもらいました。
ですが、中にはそういう着飾る人をよく思わない方もいて、口論になったり、着ていたものをその場で破壊しようとする人もいましたが、いつも「あー彼らはクリエイティビティーに嫉妬してるのか」と思い、余り気にしてはいませんでした。
しかし、3人での共同生活は非常に愉快なもので、ここには書けないような事や、いつしかの洋画を観て憧れたシチュエーションが現実に起きたりと、毎日、生を実感しておりました。
そのような飽きの来ない生活を半年以上続けたのち、帰国の日がやってきてしまいました。
家から最寄り駅まで大量の荷物を持って歩いていると、突然二人組のイケメンに
「あれ、君ズーランダー(パフォーマンス時のステージネーム)!?」
と聞かれ、びっくりしました。
そうだよと答えるとどこか旅行行くのかと聞かれたので、日本に帰ると答えると
「そっかー残念だなー。君の服装はいつもぶっ飛んでてクラブ行くたびに目立ってたよ。もう見れないのかー」
と言ってくれたのです。
あの時ほど日本に帰りたくないと後悔した日はありません。

またいつかシドニーに戻って、クレイジーなオージーたちをアッと言わせたいです。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。