ブラック研究室の卒業を1ヶ月を切って

次話: 研究が辛くて死にたいと思ったら①

悲しみの方が大きいのは何故だろう。。。


元々自分は勉強が好きではないけど苦手じゃなかった。そして何より、明るかったし何があってもあっけらかんとした性格だった。

そんな自分が、かなり卑屈になり、言葉も突発的に出てこなくなった。そして、当たり前のことなのに人の話の内容が理解出来なくなってしまった。
行き着く先が、何もかもが嫌になって、友達を作ろうと言う気持ちすら湧かなくなった。

そんな自分がブラック研究室に配属されてしまった3年生に、少し語りたい。

続きのストーリーはこちら!

研究が辛くて死にたいと思ったら①

著者のマダ 男さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。