こころの病の治療方法 

 精神科病院に入院させられて精神病と診断された場合の逃げ道は、殆どなくなってしまうので気をつけて頂きたいものである。

 精神科病院で気をつけなければならないところは、精神科医が患者の言葉を聞かずになんの説明も無く精神安定剤や睡眠薬などを処方する。
 精神科で処方される薬というものは、様々な副作用が現れる危険な薬が大半を占めている。
 
 個人病院の勤務医や薬剤師は、自分達が処方・調剤している薬にたいして軽く考えている傾向があるように見受けられる。
 

みんなの読んで良かった!